女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

キラキラネームは、可愛いけど読みにくいのがねぇ〜・・・

今、キラキラネームが話題になっています。

 

キラキラネームっていうのは、伝統的でない当て字や、外国人名やキャラクター名などを用いた奇抜な名前の総称です。 (ウィキペディアより)

 

 

具体的には

光宙』ーーー→『ビカチュウ』

『騎士』ーーー→『ナイト』

『心愛』ーーー→『ここあ』

『大空』ーーー→『スカイ』  等々


f:id:pintocare:20220522200508j:image

 

ルビを振らないと読めません。

 

 

実はウチの息子も、キラキラネームではないのですが、ルビを振らないと正確に読んでもらえません。もう32年も前のことですが、その時に初めて人名用漢字に認定?された漢字を使っています。ここでは、伏せますが………。決してキラキラとした読み方ではなく、ごくごく平凡な読み方です。というより、当時としてはちょっと古めかしく、親世代に流行った読み方なんです。

 

 

初めての子で、姓名判断の本を熟読して名字に合う良い名前をと、ない知恵を絞り「あ〜でもない、こ〜でもない」と、画数から該当する漢字をパズルのように入れ、読みは普通にと……。付けた名前は、皆???で、「何て読むの?」と………。で、何時もルビが必要となります😅

 

 

後に「実はアトムにしようかな?とも思ってたよ」というと、息子は「良かった。アトムじゃなくて」っと………。

 

 

そんなこともあり、娘の時には、画数を考えながら『ひらがな』にしたんです。これなら、誰にも???って言われないからで………。

 

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

 

その娘。今、お腹の赤ちゃんの名前を考えているようで………。私に言ってきた名前は、今どきの名前で、ちょっと読みにくい。

 

 

そこで一言。

 

 

やっぱり皆に読んでもらえるのが一番よ!!