女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

阿佐ヶ谷姉妹に遭遇?!

GWも前半が終わりましたが、今年のGWは少し肌寒く朝晩暖房が恋しくなりました。さて、前回のブログの通り娘夫婦とワンコが帰省し、今帰って行きました。フ〜やれやれです。ホント子供は来て嬉し、帰って嬉しです(笑)

 

 

今日は、3日目の夕食で外食に行った時のお話です。2日目に名古屋名物『ひつまぶし』を食べに行ったので、3日目は家でと思っていたのですが……。娘の「トンカツ食べに行きたい」の一言でまたしても外食になってしまい………。

 

 

う〜、お金が飛んでいく〜〜

 

 

まぁ、そんなことは置いておいて……。そこのお店は、手延べトンカツと言って、箸で切れる柔らかいトンカツ。先付けの『エビとキュウリの和え物』が美味しく、『赤だし』と、『柔らかいトンカツ』。『キャベツ』はお代わり自由。最後にデザートとして、飲み物やアイスクリームが付いてます。デザートを出す時は、一輪の花がテーブルに置かれるというとっても素敵なお店。


f:id:pintocare:20220503134822j:image


f:id:pintocare:20220503134830j:image


f:id:pintocare:20220503134839j:image

 

やはりGW中だからか、店内は一杯で、暫し待たされました。その際、息子が

 

 

阿佐ヶ谷姉妹がいるよ。だと思うけど……。ほら?!」って………。

 

 

息子の視線の先を見ると、阿佐ヶ谷姉妹の背が高く細い方の人(お姉さん)そっくりな人が目に入ってきて……。ヘアースタイル・眼鏡もあのままで、服装は地味め。感じはソックリ。娘や婿さんも夫さえも


f:id:pintocare:20220503134217j:image

 

「ソックリ、本物?!」とザワつき、向かえの女性はこちらからは背中しか見えないものも、背中から醸し出す雰囲気は阿佐ヶ谷姉妹のもう一人(妹)にソックリです………。

 

 

「側まで行って見てくる?」との息子の声に

「でも、ちょっと老けてない?」

「こんなところに居るわけないんじゃない?」

 

 

此処は、名古屋郊外の小ぢんまりとしたレストラン。でも、評判のお店なので、ひょっとしたら居てもおかしくない。でも………。声をかけて違ったら………。失礼じゃない?!だって阿佐ヶ谷姉妹だよ。地味な中年の女性二人。やっぱり声をかけるのも失礼だよ。大体、声をかける勇気もないし………。何だかんだ言っているうちに阿佐ヶ谷姉妹は出ていってしまったようでした。

 

 

でも、似てたなぁ〜。本物だったかもね??