女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

新車値引きに成功したのか?相手の手に乗ってしまったのか?

新車探しの旅は、あっという間に終わった。

 

 

夫が休みの平日の昼。気になっていたN社のOの相見積を取るために、N社の他のディーラーに行った。

 

 

「いらっしゃいませ。どのようなお車をお探しですか?」

「Oが気に入っているのですが………」

と言うと、男性営業マンが応対すべく奥から出てきた。ひと通り経緯を説明し値段交渉が始まる。

 

pintocare.hatenablog.com

 

 

取り敢えず今乗っている車の下取り査定をしてもらうと、30万との回答。

「エッ〜T社は、45万って言ってたよ」

「エッそうですか?じゃウチも、それで……」

そうでしょうよ。そう来なくっちゃあ。前に行った他のディーラーは厳しいと言っていた。それも19万と低い査定額で……。検討はしてみますがって………。


f:id:pintocare:20211121115624j:image

 

「値引きはどれぐらいになる?」

「この車種は値引きが低いんですよ。そうですね。5万円で……」っと。

やっぱり、前のディーラーも3万円と言っていたので、値引きが低い車種であるのは確かなようだ。が、そこで引き下がる訳にはいかない。ネットで調べると通常車価から1割は引くらしい。その旨、言ってみる。

「ご予算はお幾らぐらいですか?」との問に

「トータル○○万円以下。出来なければ、他所で探してみる」と答えると、一瞬固まり

「う〜ん、厳しいですね」

営業マンは、暫し考え

「分かりました。今、契約してくれれば、その額で、上に図ります」と言って上司に伺いを立てに行った。

 

 

コレは常套手段か?はたまた、ここが限界か?夫と相談し、もう少しオマケを付けさせ決着することにした。オマケとは、オプションの『ウィンドーコート』というもの。水を弾くコーティングである。金額にして1万円ほど………。

 

 

結局、その条件を先方が飲み、契約となった。値引きに成功したのか?はたまた、向こうの手に乗っただけか?

 

 

かくして、来年の3月には『日産オーラ』が我が家にやって来る。(半導体不足の為納期が遅れている)


f:id:pintocare:20211121161011j:image
(色は異なります)

 

 

 

P.S.その営業マン、どういう訳か、私に向かってばかり説明していた。『決定権は奥さんに有り』と分かっていたのであろうか?