女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『BigBoss』と立浪監督。

BigBoss

 

 

監督と呼ばないで、BigBossと呼んでと………。ド派手なプレスリーのような襟のシャツに赤いスーツを身に付け、新庄剛志氏が日ハムの監督になると会見を開いた。面白くなりそうな予感が………。野球道と言うより、『ザ・ショー』てな感じである。でも、言っていることは地道なことを言っていた。「優勝なんか一切目指しません。一つひとつの勝利の積み重ねで9月頃にいいポジションにいれば目指します」「夢は大きく根は太く」と………。この男、何かやってくれそうな気がする。


f:id:pintocare:20211108162656j:image

 

と、ここまでは、日ハムの話。それでは、我がドラゴンズは…………。このところBクラスが続き、優勝どころか、ブービーかメーカーを狙っているような球団になってしまっている。私は、勝っている時のみのいい加減なファン。こんなファンが周りに多くいる。

 

 

そんなドラゴンズに、明るい話題が………。なんと立浪君が監督になると言う。立浪君はミスタードラゴンズとも言われ、人気・実力とも充分である。なかなか監督のお誘いもなく何年も過ぎていた。


f:id:pintocare:20211108162720j:image

 

その立浪監督が選手に茶髪・長髪・髭を禁じたそうだ。今時??そんな?!と驚いたが、マジなようだ。秋季キャンプには、黒髪・短髪・髭も剃り精悍な選手達が、練習に励んでいる。

 

 

時代に逆行するような規制に賛否両論がある。「スポーツマンらしくて良い」「いや、もっと個性を重んじるべきだ」とか………。

 

 

高校生じゃないのだから、アレはダメ!コレもダメ!なんて禁止するのではなく、プロなんだから自分の責任で任せるべきではないかと私は思うのだが………。

 

 

取り敢えず、来季は最低でもAクラスに浮上してほしい。そして次は優勝を私達に見せてほしい。一つひとつ勝って9月頃優勝が狙えるようになったら、ナゴヤドーム改めバンテリンドームに応援に行くからね!

 

 

頼みまっせ!!立浪監督!!