女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

犯人は、私か?!

ソファーに寝そべりTVを観ているのか寝ているのかウトウトしている夜9時過ぎ、何やら出窓からカソコソと僅かな音が……。

 

 

「何かいる?!」



 

耳をそばだてると、微かに羽音が………。どうも虫が紛れ込んでいるもよう。カーテンを開けると虫は飛び出し部屋中を飛び回る。壁にぶつかり、狭い部屋を音を立てて飛び回る。丸く黒い大き目な虫。

 

 

「ぎゃあーーー」

f:id:pintocare:20211101180737j:plain

 

虫嫌いな私は、大騒ぎ。で、隣の部屋で寝ている夫に「ちょっと、ちょっと、虫が居る。早くどうにかして」と言って叩き起こすも、「ほっとけ、そのうちどっか行く」と動こうとしない。そんな夫のお尻を叩くと、しぶしぶ動き出した。『何とかする』とは処分するという意味で…………。

 

 

「俺は殺生なんかようしん(出来ないの意)!」

と言いながらも、女房の形相に仕方なく殺虫剤を持ち出し『シュー』。モタモタしている夫に業を煮やし、殺虫剤を奪い取り敵目掛け『シュ、シュ、シュー』………。可哀想に益々飛び回る虫。数秒後床に落ち………。見ると、カナブンのようだ。まだ、動いてる。瀕死の状態というところか………。それを紙に乗せ、外に逃がす夫。


f:id:pintocare:20211101180748j:image

 

「お前は、残酷だ。可哀想に……。ナンマイダー」

「誰が持ってきたの?アンタでしょ!」「玄関開けっ放しに、しとったんじゃないの?」「もう、ちゃんとやってよ!」

矢のような女房の口撃に、黙って布団に潜り込む夫。

 

 

可哀想だったけど、これで安心して眠れる。こんなこと、前にもあったなぁと、寝ながら考えた。どうゆう訳か、いつもカナブンが餌食になる。なんでかなぁ~と思いながらも、夢の中へ………。

 

 

そしてある日、また部屋の中を大き目な虫が飛び回っている。あわてて、窓を開け逃がすことに成功するが…………。

 

 

その時、ひょっとしてと、頭をかすめたものがあった。私は今、洗濯物を取り込んでいる。もしかしてだけど、洗濯物に付いてきたってこと???? ということは、あのカナブンも洗濯物に付いてきたのでは??

 

 

犯人は、私?! だったようだ。

 

 

もちろん、夫にはナイショのハ・ナ・シ。