女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

我が家の修理・外壁塗装と火災保険

今、家の中が暗〜いです。靄が掛かったみたいで薄暗い、そして、誰かに中を見られているみたいで………。

 

 

今、我が家は、外壁塗装の真っ只中。家の周りを鉄の足場が立てられ、その周りをネットが覆っております。その足場を行き来するちょっとイケメンのアラフォー男性。仕事をしてみえるのですが、たまに目が合ったりして、見られているみたいな気がして…………。日課の『宅ヨガ』も出来ない状態に陥ってます。でも、カーテンを閉めて行ってますが………。


f:id:pintocare:20210923153241j:image

 

以前にブログに書いた家の外壁塗装と屋根の修理が始まりました。あれから、業者との値段交渉が始まったのですが、敵もさるもの。数字を減らさない。どうも数字が欲しいようで……。それではと言うことで、数字をそのままにして、プラスαで、壊れている門扉の修理代や屋根の一部の漆喰代をサービスという形で収まりました。20万円近くは抑えられたと思います。

 

pintocare.hatenablog.com

 

 

外壁塗装の塗料は、耐用年数が20年近いと言われるフッ素塗料で行ってもらってます。これで、私達が死ぬまで持つかは分かりませんが……。こちらの寿命の方が勝りそうですね。まぁ、その後のことは・・・。

 

 

合計で幾らになったんでしょう??う〜ん、大衆車新車で一台分ぐらいでしょうか………。我が家には、大きな数字ですが、まぁ、何とか成るでしょう?!

 

 


f:id:pintocare:20210923174337j:image

 

 

 

ところで話は変わりますが、今回の屋根の軒天修理等については、ちょっとしたハプニングが有り………。8月上旬の台風で軒天の一部が落下してきました。火災保険で担保されるのでは?との業者からのアドバイスで、事故報告をしたのですが経年劣化に台風の風雨での被害であり対象外とのジャッジ。その他、雨樋、壁面に何かがぶつかり損傷したので、それらも合わせて事故報告。そちらの方は認められ、10数万円の保険金がおりました。

 

 

 

火災保険は火事だけでなく、風水災などの特約を付けていれば、台風時等の被害も担保されます。もし、そのような被害に遭われた方は、内容を確認の上、保険会社に相談されると良いでしょう。

 

 

 

 

 

そして今、窓ガラスは、塗料が付かないようビニールに覆われて開けることが出来ない状態です。ゴミ出しも洗濯物を干すのにも一苦労です。こんな状態が、あと3週間ほど続くと思うと…………。暗〜い生活が続きます。