女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

γ−GTPは禁酒すれば減るの??

お酒が好きで、長年飲酒をしていた夫。と言っても、大酒飲みほどではないのだが………。健康診断で、当然の結果として、肝機能の数字が悪いと指摘される。特にγの数字が悪い。その数値140ほど。

 

 

現役の頃から、多分数字は悪かったはずだが、本人は何処吹く風。勿論、私には結果は見せず……。そのまま、何年か放っておいた。健康には問題なく、すこぶる元気な現役生活を終えた。


f:id:pintocare:20210916154145j:image

 

定年になり、私と一緒に健康診断に行くことにより、その数字が私にバレる羽目になったことと、暇になり自分の身体に目が行くようになったのか、γの数字が気になるようになってきた。

 

 

お医者さんに、γは飲酒を控えるとあっと言う間に下がると聞き、仕方なく休肝日を決め、真面目に取り組んでいた。数ヶ月しても下がらず、もっと禁酒しなければと言われ、また真面目に取り組んだ。飲酒日は、週2ぐらいに減らし、量も350mlのビール一本で我慢をしていた。


f:id:pintocare:20210916154135j:image

 

その涙ぐましい努力も、数字は非情でγの数字は、ほんの僅かしか下がらず………。挙げ句、お医者さんには「ホントにお酒飲んでない?」と言われ、怒って帰ってきたこともあった。

 

 

そんなお医者さんとのやり取りを経て、やっと試してみようと薬が処方された。

「これ飲んでみて、様子見ましょう」と……。

 

 

飲み続けること二ヶ月。その後の検査で、何とγの数字が半分程に下がっていたのだった。これには、お医者さんも驚いていたようで………。

 

 

「薬が効いたようですね」と…………。

 

 

要するに、肝臓の血流が悪く、線維化しているようである。まだ初期の段階で、γ以外の数字は悪くないので、問題はないようだ。でも、薬は飲み続けることが必要らしい。

 

 

「だろっ、酒のせいではないんだ!」

と、憤慨しながらも結構真面目に薬を飲んでいる。そして、お酒も復活して行きだした……。