女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『緑茶』・・私の至福の時間

今週のお題「好きなお茶」


皆さんの今週のお題を拝読していると、最近は余り、急須から湯呑茶碗に注いでお茶を飲まないようである。「ヘェ~そうなんだ!」とちょっと、びっくりである。



私は古い人間なのか、小さいころから、当たり前のように食後は、急須から注いだ緑茶を飲んできた。食後にお茶を飲まないと『嘘つき』になるとか言われて育った。



食後のお茶には、他の役目もあったようだ。当時は湯呑茶碗なんて洒落たものではなく、ご飯(米)を食べ終えたお茶碗にお茶を注いで、お茶碗を掃除するという一面も持っていたようで………。



喉が乾いた時も、コーヒーとかジュースとか、そんな洒落たものなんかなく、ただ、ひたすら緑茶を飲んで過ごした。


f:id:pintocare:20210917130546j:plain




そして家庭を持った今でも、頻繁に緑茶を飲んでいる。夏以外は……。やっぱり夏になると、冷たい麦茶が定番になる。薬缶で沸かし容器に移し替え冷蔵庫で冷やして飲んでいる。



コーヒーを飲んでも、最後に緑茶を飲まないと何か落ち着かない。で、両方とも飲んでしまうので、お腹はガブガブになり、自然の摂理として排出も多い。



f:id:pintocare:20210917130449j:plain




秋風も吹き出し、そろそろ、あっつーい緑茶が恋しくなって来た。お湯を沸かし、茶葉を急須に入れお湯を注いで、急須を丸く揺らし湯呑茶碗に注ぐ。ふーふー言いながら、熱くなった湯呑茶碗を両手で持ち、その温かみを感じつつ、ちょっと苦い緑茶を飲む。至福の時間である。それに、お饅頭が有れば最高だ。