女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

オリンピックが始まりました!

オリンピックが始まった。何だかんだ言っても、昨日の開会式の演出は見応えがあった。ドローンでの地球は見事であった。最後の最後までドタバタでどうなる事かと思ったが………。問題山積のオリンピック。無事何事もなく終わってくれれば良いのだが………。


f:id:pintocare:20210719142232j:image

 

韓国選手団が選手村での食事を辞退し自前で給食を用意すると聞く。福島県での食材に対し韓国側の不安が未だ消えず、これを使う食事を遠慮すると言うことらしい。あれから、もう10年以上も経ち、福島県産の食材には問題はない。なのにである。この話を聞き、嫌な気分にもなった。それに対し韓国側の言い分は、韓国では福島県産の食材の輸入を禁じている以上、選手団だけが、それを食べるわけにはいかないとのことだ。

 

 

これに伴い新聞のコラムに『課長・島耕作』の1シーンが書かれていた。貧しい家庭に生まれた娘の家庭訪問に、母親が娘のために『おはぎ』を作り先生を迎えた。先生は、食べずに持ち帰った。後日、娘は捨てられていた『おはぎ』を見つけてしまう。不衛生な家庭で作られた『おはぎ』に先生は、そのような行動を取ったのだろうか?それに付いて作者・弘兼 憲史氏は、娘に「お母さんが悪いんじゃない。先生が悪いんじゃない。貧乏が悪いんだ」と語らせている。


f:id:pintocare:20210719142421j:image

 

話を元に戻すと、これも「韓国選手団が悪いのではなく、福島県の食材が悪いのではなく、日韓の相互不信であり、それを放置し改善の糸口さえ見つけられない両政府が悪いのです」と結んであった。

 

 

ホント問題山積のオリ・パラ。それなりに盛り上がるんだろう。マスメディアも掌返しのように盛り上げる。それを観た人も、選手たちの活躍に大歓声を上げるだろう。もちろん選手たちには力を充分に発揮してほしい。

 

 

コロナ感染拡大が懸念されるが…………。致し方ないのだろうか??