女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『北の国から』をFODプレミアムで観ております。

田中邦衛さんが、亡くなられました。享年88歳と大往生でした。

 

 

田中邦衛さんと言えば、若大将シリーズ』の青大将北の国から』の情けなくて温かいお父さん黒板五郎が、代表作です。『若大将シリーズ』の時は、勿論生まれてましたが、まだ小さく覚えがありません。『北の国から』は、どうしたことか観ていないのです。



f:id:pintocare:20210408122154j:image

 

1981年から何と20年以上続いたそうです。私は、どうして観なかったのか?『北の国から』は金曜日22時からフジテレビ系で放映されていたそうで、多分私は、TBS系の番組を観ていたのでしょう。

 

 

今般、田中邦衛さんが亡くなられたと言うことで、追悼番組が放映されておりました。シリーズの中でも人気の『初恋』。うん、やはり良い。何か分からないけど温かい気持ちになり、感動しました。

 

 

で………。全シリーズ観たくなりました。You Tube付きのTVを購入したこともあって、早速You Tubeで検索すると、何話かヒットし第一話から観てみました。

 

 

話は、田中邦衛さん演じる黒板五郎が、子供を二人連れて北海道に引っ越すシーンから始まります。北海道の大自然の中で、子供達が成長する姿や、父・五郎の試行錯誤しながらも愛情深く子育てをする姿を描いています。

 

 

このドラマは、倉本聰さん脚本の代表作で、田中邦衛さんの訃報に、倉本聰さんは、次のように語っておりました。

 

 

「(黒板五郎役は)5人くらい候補がいた。高倉健もいたし藤竜也もいたし、中村雅俊西田敏行、いっぱいいた」「この中で誰が一番情けないだろうと話し合った。みんな異口同音に邦さんって言ったんですよね。一番情けない奴を主人公にしたかった」「矛盾の中で翻弄されて真剣に喘いでしまう人間を僕は描きたかった。それを邦さんは実に見事に素朴にやってくれたという気がする」「富良野人ですよ。匂いがありますよ。なにか土臭い感じがしますよね」(脚本家・倉本聰さん)

 

 

そしてこのドラマの最大の魅力は、何と言っても子供達が瑞々しく生き生きと描かれていることです。子供から見た世界が、リアルな言葉で表現しており、何と言っても可愛い。すこぶる可愛い。

 

 

2日間で、10話程You Tubeで観られたのですが、ある日続きを観ようとすると、今まで観ていた『北の国から』が、消えてしまっており………。探しても探してもありません。

 

 

諦めかけたその時、ネットで『FOD』なるネット配信サービスで全シリーズ観られることを発見。しかも、二週間無料だとか………。解約も簡単に出来るとか………。

 

 

『FOD』とは、フジテレビが放映したドラマ・バラエティーが期間限定(通常一週間)なら無料で観ることが出来る配信サービス(見逃し配信)で………。それ以前の番組ならば、『FODプレミアム』で、月額976円(税込)の見放題と言うもの。漫画や雑誌も読み放題だそうです。


f:id:pintocare:20210408120323j:image

 

早速、新規会員登録し、二週間の無料配信中に、全シリーズ観て、解約しようと思ってますが、結構時間が掛かりそうで………。毎日大画面で北海道の雄大な景色や動物などに感動しながら、3話程観ております。

 

 

が・・・目標達成出来るかな?

 

 

 

 

 

P.S.  スマホからブログを見るのに際しての異常は未だ続いております。『はてな』からの回答には、迷惑掛けていることの謝罪、直るのに時間が掛かること、応急処置としてパソコンバージョンにして読んでほしいとのことでした。

スマホからPCバージョンにする方法)↓↓↓

https://help.hatenablog.com/entry/change_device_type  

 

 

 

被害に合われている方、暫し時間が掛かりそうですね💦