女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

森会長発言に思う。日本は遅れている・・・

東京五輪パラリンピック組織委員会森喜朗会長による女性蔑視発言が、日本内からも、国際社会からも、非難されている。


f:id:pintocare:20210211161940j:image

 

はっきり言って、こんな大きな問題になるなんて、森会長は勿論、私も思っていなかった。

 

 

 

『おじいさんの言いそうな事』

 

 

 

あの年代で、地位も名誉もある人は、いやいや地位も名誉もない人でも、多くの人が言っている。基本、女性は男性より劣ると………。

 

 

 

特に、昭和の人間はそのような感覚の中で過ごしていた。殆どの人が、そうであっただろう。かくゆう昭和の私も、そんな言葉を浴びて育ってきた。

 

 

 

『女は、男には敵わない。』『利口な女でも、バカな男より劣る。』『男をたてろ』『女だてらに』『女のくせに』『女に学問はいらん』等々


f:id:pintocare:20210211163222j:image

 

 

母から言われ、良く反発したものだ。男性でも女性でも優秀な人もいれば、そうでない人もいる。そうでない男性を一杯見てきた。勿論立派な男性もだが……。

 

 

 

女・子供は黙っとれ!!



 

 

我が家では、そんな言葉はなかったが、夫の家庭は、そんな家庭だったようで………。姑は女中のように、コキ使われていたらしい。全くの男尊女卑である。夫は、舅を反面教師のように思っており、そのような態度は取らないが、基本そんなところが有るのではと思っている。


f:id:pintocare:20210211163321j:image

 

 

そんな環境で育ってきたので、森会長の言葉には『また言っている』ぐらいしか感じなかった。ただ、内輪で言っているのではなく、公の場で会長と言う立場での発言に、一言『バカだな』って。騒ぎになること一目瞭然なのに……。と思っていた。でも、それだけしか思っていなかった。

 

 

 

しかし、国際社会は許さなかった。女性蔑視と騒いている。これで、オリパラも益々危うくなっている。コロナよりも彼の言葉は大きかった???

 

 

 

やっぱり、日本は遅れている。。。

 

 

 

 

P.S.

やはり森会長は辞任されました。そうしなければ収まらないでしょう。でも、日本に於いては、まだまだ女性蔑視の考え方は、なかなか変わらないでしょう。悲しいかな私達に染み付いてしまっている。でも、変えないといけません!!