女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『おおきに』に、ありがとう!!

朝ドラ『おちょやん』で、良く聞く言葉。「へぇ、おおきに」遠い昔良く聞いた言葉・・・

 

 

子供の頃、回覧板が回って来るとお隣に届けに行くのは、私の役目だった。

 

 

「おばさん、回覧板!」と言って回覧板を持ってお隣に行くと、決っておばさんが、「おおきに」と言って私を出迎えてくれて、時にはお菓子を鼻紙(ティッシュ)に包んで渡してくれた。


f:id:pintocare:20201225230208j:image

 

「おおきに」

 

 

こんな言葉は、お隣のおばさんしか使わない。最初は『何を言ってるの』と分からなかったが子供心にも度々言われると、『あ〜ありがとうのことなんだな』と思うようになった。

 

 

お隣のおばさんは、関西の人だったようだが、他の言葉に、方言があっただろうか?気にはならなかった。

 

 

『おおきに』だけが、印象に残っていたから、他の言葉は気にならなかったのだろうか?

 

 

社会人になり、会社には、お隣の三重県の桑名やら四日市やらから多くの社員がいた。地元名古屋の人が大勢を占めており、彼女らの言葉は少し奇異に聞こえた。男性は、転勤族で全国から集まっていた。

 

 

名古屋と桑名・四日市は距離的にも近いのに、彼女らは関西弁を使っていた。昔は木曽三川で言葉が分断されていたのだろうか?

 

 

イントネーションが違い、多勢の名古屋派が彼女らの言葉をからかったりしていた。しかし、一向に『おおきに』と言う言葉は聞かなかった。

 

 

TVでも、関西弁はバンバンに聞いているが、『おおきに』と言う言葉はあまり聞かない。


f:id:pintocare:20201225230440j:image

 

ちょっと気になって調べてみたら、この『おおきに』には、『ありがとう』の他に『大きな』とか『非常に』の意味もあるとか………。今でも商売人が良く使っているらしい。『おおきに』と『毎度』の言葉。

 

 

そう言えば、大阪や京都に行きお店から出る時、この『おおきに』や『毎度』の言葉をよく聞いたものだ。

 

 

私は、この『おおきに』と言う言葉が好きだ。何故か知らないが………。お隣の小柄な優しいおばさんを思い出すからだろうか?良くお菓子をくれたおばさん。

 

 

今年も、あと3日で終わります。今年は、この記事にて終わりにしたいと思います。今年は、大変な年でした。来年はコロナが終息して、何時もの日常が戻って来ますように・・・。皆さん、良いお年をお迎えください。

 

 

それでは、皆さま・・・

 

 

『おおきに』