女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

AI婚活で、めでたし、めでたし??

AI(人工知能)婚活が話題になっている。『なんじゃソレ?』って………。


f:id:pintocare:20201216173638j:image

 

2021年から、政府がAIやビックデータを使って地方自治体の婚活支援事業を後押しするそうだ。少子化対策の一環だと言う。

 

 

AIによる婚活支援事業は、2015年に愛媛県が導入し「希望条件に合わなくても相性の良い人」を見つけることで高い成果を上げたことに政府や自治体が目に付けたものである。

 

 

AIが『運命の人』を選ぶと言う。凄い時代にはなったもんだ。

 

 

何でも、110の質問に答えて、そのデータをマッチングさせ、合う相手を探すと言う。血液型とか趣味等の相性だけでマッチングさせ、年齢や年収は対象にはならないらしい。

 

 

それでも、成果が表れているらしく、通常の条件からのマッチングよりも、お見合い迄に持って行く件数が上がったとか………。成婚数も多くなったらしい。


f:id:pintocare:20201216173713j:image

 

ふーん、そうなんだ!余り理解できないけど、成果が上がっていれば、めでたし、めでたしだな………。

 

 

条件より相性。その通りだとは、思うけど……。

 

 

私達の頃は、3高と言って、高収入・高学歴・高身長の男性がモテて、そんな人を探したものだ。

 

 

バブルの時期だったので、イケイケドンドンみたいな所があり、ご多分に漏れず、私もそんな人を探したが、今、横に居るのは3高ならず3中の人。上手く行かないもので……。まぁ、30数年も横に居るのだから、割れ鍋に閉じ蓋と言うところか?!

 

 

話を戻そう。

 

 

政府が支援する地方自治体のAI婚活は、民間のソレとは違い、廉価だそうだ。何でも、2年間で会費1万円ほどで……。イベント料は別途らしい。

 

 

 

 

まぁ、それで婚姻数が増え、少子化問題が解決するなら喜ばしいことで……。AIに頼って結婚に至るのも、少々淋しくも有りますがネ!!

 

 

我が愚息も、それででも結婚してくれれば、御の字なんですが……。AIから、『該当無し』と言われたりして……。どうしょう?!