女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

車のトランクが知らぬ間に開いちゃっているよ・・・

自動車のディーラーからの連絡で今、車の無料修理とやらに来ています。ある部品に不都合があり、使用していると問題がある可能性があると言います。


f:id:pintocare:20201210231458j:image

 

取り替えるのに30分ほど時間がかかるというので、ディーラーのショールームでコーヒーを頂きながら、スマホでブログを書いています。

 

 

途中で、担当者がご機嫌伺いに現れたので、「今回のはリコール?」と聞くと、どうも違うらしいのです。

 

 

リコールは国交省に報告した上での無料修理になるのだが、今回の場合は、ソレ以前の会社独自の無料修理とのこと。

 

 

『なんじゃソレ?』と思ったのですが、要するに『大事になる前に手を打った』的なようで……。

 

 

今回の件で、この営業所だけでも該当する車は200台超えているそうです。

 

 

そう言えば、4〜5年前にちょっとしたトラブルがあり、リコールになるのでは?と思ったことがありました。

 

 

それは………、運転しようと座席に座り、シートベルトを締めエンジンをかけ、いざ出発しようとすると……。

 

 

各種メーター横にあるのメッセージボードに『トランクが開いています』とのお知らせが……。慌てて車から降りトランクを締める。と言うことが度々……。

 

 

当初は、『あれっ?開けちゃったのかな?』ぐらいしか思っていませんでしたが、ソレが度々続いたと思うと、全くなくなっていたり……。

 

 

この様な症例は、車を発進させる時が殆どだったので、深く考えていませんでした。

 

 

しかし、運転中もこの症例が現われるようになり、これは変だと思い、ディーラーに相談することになりました。

 

 

取り敢えず、車を見てもらいます。異常な所は無く、それでも考えられる部品を交換してもらい様子を見る様にと………。

 

 

しかし、状況は変わらず、以前『トランクが開いています』とのメッセージが度々出現。

 

 

その度に、考えられる部品を交換する。何回交換しても状況は変わらない。メーカーへ前例が無いのかディーラーの整備士さんが確認しても、無いと言います。

 

 

そんな感じで時が虚しく去ったある日のこと。ディーラーの整備士さんから、「前例がありました。原因が分かりました。」と明るい声で連絡があり、早速ディーラーへ………。

 

 

何と、犯人は……。運転席のシートベルト。運転席の横にあるトランクのレバーに、シートベルトがかかり、トランクが開いてしまうと言う。


f:id:pintocare:20201210231656j:image

 

何ともはやと言う原因で……。レバーに引っ掛からなくする部品を装着して一件落着。

 

 

要するに、設計ミス。コレって、リコールの対象では?と聞いても整備士さんは口を濁すのみ………。

 

 

まぁ、良いか。取り敢えず直ったようだから………。と安堵していると、営業担当者が寄ってきて、「最近良くみえますが、どうしたのですか?」と聞いてきます。「えっ、聞いてないの〜!!」

 

 

 

実は、かくかくしかじかで……と言うと………。

 

 

 

驚いたことに、その営業担当者は、「あ~、あの車ね、良くトランクが開くんですよ。」何と、知っていたのです。営業所で騒いでいたのに………。知らなかったようで………。整備士さん達が、困っていたのに………。

 

 

 

要するに、会社内で、営業所内で、情報がオープンになっていない!その症例が皆に共有されていれば、こんなに大騒ぎせずに済んだはず。

 

 

 

な〜んてこと思っていたら、「終わりました。」と整備士さんが車のキーを持ってやって来ました。洗車もしてくれピカピカになった車とともに帰路に着きました・・・