女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

大判焼『御座候』

まだ、OLだった頃の30数年前。会社に遊びに来たOBのお土産が、凄く美味しかった。




持ってきたのは、熱々の大判焼。なんでも最近デパートにお店を開いたもので、何時も行列しているのを見て、買ってきたそうだ。




関西から名古屋初出店だそうで・・・




その名も『御座候』(ござそうろう)。薄皮の中に北海道産小豆が、ぎっしり詰まった大判焼地域によっては呼び方が(今川焼等)色々と違うようです。




今までも、この様な大判焼はたくさんあったのだが………。こんなにも、ぎっしりと餡が詰まったもの、初めて!っと感動ものでした。




おもむろに大判焼を半分に割ると………。餡が溢れんばかりぎっしり。でも、そんなに甘くない。美味しい〜。


f:id:pintocare:20200930144430j:plain





一度でファンになってしまい、今でもデパートに行くと、買ってきてしまいます。




デパートでしか売っていなく、大体地下の食品売り場の片隅に、ズラーっと長い行列……。それが、『御座候』売り場です。その末尾に並びます。




大判焼を焼いている調理場?作業所を見ながら、待ちます。その売り場は、ガラス張りになっており、外から大判焼ができるまでの工程が見えるのです。




大判焼の丸い形のある鉄板の凹に生地を流し、半筒状の長い棒に餡をここぞとばかり入れ、生地の上に5センチ程乗せます。もう片方の鉄板の凹に生地を流し、ある程度火が通れば、一つづつ餡の乗っているそれに合わせ、暫し待って出来上がり。(説明が下手で申し訳ありません)



f:id:pintocare:20200930145753j:plain




職人さんのリズミカルな動きに、感動です。




待っている間も、その様子を見ているので、時間を忘れさせてくれます。




この地方では、デパートでしか買えなく行くたびに、買っておりました。





あれから、30年以上経った今でも、デパートに行くと買ってしまいます。さすがに、行列と言う程ではないですが、今でもお客さんは数人並んでおります。




コロナ禍で、デパートに行くことを自粛しており、半年以上食べてないことに、このブログで気付いてしまいました!急に食べたくなってしまいました。一個95円の大判焼、交通費往復1000円余り使って買いに行こうか?いや〜、勿体ないよね〜。思案のしどころです。





今週のお題「好きなおやつ」