女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

憧れの柔らかい身体を目指して・・・

今月からスポーツジム通いを再開した。まだ、ヨガだけに通っているが4ヶ月怠けた身体には結構キツイが心地よい。



ヨガを始めてマル5年、最初は『あぐら』さえ、まともにかけなかった。まず股関節が固いため、ひざが床から遠く離れてしまっている。


言い訳するのではないが、私達の年代は食事の時、テーブルと椅子の生活ではなく、畳に座って食べたものだ。行儀が悪いと、親によく怒られた。


f:id:pintocare:20200715141218j:plain




で・・・。



『あぐら』なんて、とんでもない!!『あぐら』はお父さんがするもの。大人の男の人がするものと教わってきた。



その代わり、正座は得意。何時間座っていても大丈夫!



そのお陰で、膝小僧が出てスタイルが悪い。もう親を恨む………。



ところが・・・。



ウチの娘なんかは、股関節がとても柔らかくヨガの『鳩のポーズ』なんかもできてしまう。「さすが今どきの子だ」なんて言っていたら、彼女曰く「だってご飯の時椅子の上であぐらみたいに座っていたもん!」って………。



なんともはや、お行儀が悪いことで………。



えーっと、なんの話だったっけ?そうそう、股関節が固くて『あぐら』が、かけないと言う事。



ヨガのレッスンでは、私より歳の上であろう人でも、身体が凄く柔らかい人が多くいる。開脚前屈ほぼ180度開脚し、上半身床にベターと付く!!


f:id:pintocare:20200715141358j:plain




「どうしてそんなに身体が柔らかいの?酢でも飲んでるの?(笑)」と聞いたことがある。すると、結構な確率で「子供のときバレーを習っていた。」と………。



『やっぱりな〜。そんなの無理だもんネ!』子供の時にバレーだなんて……。みんなお嬢様だったんだなぁ〜と、諦めモードになるものの、今でも、維持するよう毎晩柔軟体操は欠かせないと言う。



やはり、皆さん努力されている。



私も、頑張らなくては!!と思い、毎晩お風呂上がりに、柔軟体操続けると、今では、180度には程遠いが130度位開脚し前屈も頭は床に付くのだが………。



憧れの上半身ベターと言う訳にはいかず、横の鏡に写る姿は、背中が丸い………。



まだまだ、憧れの『180度開脚上半身ベター』への道のりは、続くのである。