女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『お花のサブスク』始めました。

待ちかねていた『お花』が届きました。

 

 

先日、eriza様のブログを読み「あっ、良いな」と思い試してみました。

 

 

『お花のサブスク』と言うもので、定期的に生花が郵便で届くと言うものです。お花屋さんが、季節の花をチョイスして一週間に一回とか、二週間に一回郵便で送ってくれます。生花なので大丈夫かな?なんて思っていましたが、生花が傷付かないよう、萎れないよう包装を工夫してポストに投函されます。こんな形で送られてきます。↓↓↓
f:id:pintocare:20210410195322j:image

詳細は、私が語るよりもeriza様のブログをご覧頂ければよ〜く分かります。

 

www.eriza.info

 

『ブルーミー』と言う会社で、取り敢えず体験コース(500円/回)を隔週で始めてみました。レギュラーコース(800円/回)と迷ったのですが、気に入ったらコースをランクアップすれば良いと思い………。

 

 

で………。届いた『お花』が、コレでした。↓↓↓

f:id:pintocare:20210411163709j:image

『ガーベラ』『レースフラワー』『サクラコマチ』が一本づつ入っておりました。『栄養剤』も入っており、お花を長持ちさせてくれます。

 

 

『ガーベラ』って、すぐ花がお辞儀してしまうイメージがあり、二週間どころか一週間持つのかな?と心配してましたが、栄養剤の効果が3日ほどあり、その後は毎日の水やりと、茎の先端の切り落としで、杞憂に終わっております。
f:id:pintocare:20210415104656j:image

(一週間経った現在の姿です。元気です。)

 

正直なところ、ちょっと小さめなところが、気になりました。まぁ、500円コースだから、仕方ないかとも思いましたが、玄関に飾ってみました。やっぱり小振りです。テーブルに置くと良さそうな大きさです。レギュラーコースにすれば良かったと、少し後悔しております。

 

 

次回からは、レギュラーコースにしようかと思います。レギュラーコースには、あと2本位生花がプラスされるそうです。

 

 

やっぱり花のある生活って良いですね。家の中がぱぁーと華やかになります。そして、とても、癒やされます。これが、これから隔週ではありますが、届くのです。どんな花が届くのかワクワクしながら郵便を待つ楽しさ。想像するだけでも、心がウキウキします。

 

 

そして、それは家の中だけではなく、外でも………。

 

 

我が家には、ちょっとした庭があり芝生が広がってます。花壇の菖蒲にも新しい葉が出て来て、花が咲くのが楽しみです。

 

 

そして、一部には、芝桜が一面に(と言っても小さな面積ですが……)咲くところですが……………。その葉っぱが、どうしたことか少ない。あまりにも少ない………。どうしちゃったのだろうか?そう言えば、ちょっと前、庭の草取りをしていた夫。もしかして、抜いちゃった??


f:id:pintocare:20210411162728j:image

(4年前に訪れた茶臼山高原の芝桜です。圧巻です。)

 

 

多分、ううん……。絶対抜いちゃったに違いない。ソレを指摘すると、「また、買ってこればいいじゃない」って…………。

 

 

それは、ないでしょ!!折角、芝桜が広がってきたのに…………。よそのお宅は芝桜満開なのに………。

 

 

怒る妻。

 

 

そして今、夫は黄砂で汚れた自動車を洗っています。

 

 

池江璃花子さんオリンピック出場に思う。

池江璃花子さんの快進撃が止まらない。今年開催される?であろう東京オリンピックに内定したと言う。


f:id:pintocare:20210412133603j:image

 

二年前 白血病に罹り、壮絶な病との闘いに打ち勝ち、それからのトレーニングで、無理であろうと言われた東京オリンピックに出ると言う。彼女の頑張りに涙する人が多くいる。私も、彼女が最初にオリンピック内定を勝ち取った時に語った『努力は報われる』と泣きながら言った言葉に、もらい泣きした一人だった。

 

 

この復活劇に、海外でも祝福の言葉が多く寄せられている。今のところ、池江璃花子さんは、五輪種目では50メートルと100メートルの自由形、100メートルバタフライを制した。いずれも日本水泳連盟が定める派遣標準記録には届いておらず、現時点での代表切符は400メートルメドレーリレーと400メートルリレーのみ。ただ、この3種目は個人で選手基準をクリアした選手がいないため、オリンピック本番で池江璃花子さんが出場する可能性があると言う。

 

 

それに加え、病に打ち勝ったシンボルとして、開会式での聖火の最終ランナーや、選手団の騎手・選手宣誓などの話も出ていると言う。彼女は若くて綺麗で実力もあり白血病も克服し………。IOCや政府にすれば、宣伝効果抜群なんだろう。

 

 

でも、ちょっと待ってほしい。まだ完全に治ったわけではないのでしょう?!あんな大病と闘ったばかりで、免疫力が落ちているのではないでしょうか。しかも、このコロナ禍の中………。無理をして何かあったら………。と思うと…………。

 

 

『お願いだからやめてほしい』


f:id:pintocare:20210412134127j:image

 

もう、彼女を見ていると母親の気持ちになってしまっている。金メダル何かどうでも良い。オリンピック何かどうでも良い。元気でいてくれたなら…………。本人は、オリンピックに出たいのは痛いほど分かるけど………。

 

 

彼女に無理のないように、オリンピックに参加させて欲しい。一種目か二種目に絞りその他の行事には参加させないように………。IOCや政府の利益のために利用されないように………。切にお願いしたい。

 

 

 

『北の国から』をFODプレミアムで観ております。

田中邦衛さんが、亡くなられました。享年88歳と大往生でした。

 

 

田中邦衛さんと言えば、若大将シリーズ』の青大将北の国から』の情けなくて温かいお父さん黒板五郎が、代表作です。『若大将シリーズ』の時は、勿論生まれてましたが、まだ小さく覚えがありません。『北の国から』は、どうしたことか観ていないのです。



f:id:pintocare:20210408122154j:image

 

1981年から何と20年以上続いたそうです。私は、どうして観なかったのか?『北の国から』は金曜日22時からフジテレビ系で放映されていたそうで、多分私は、TBS系の番組を観ていたのでしょう。

 

 

今般、田中邦衛さんが亡くなられたと言うことで、追悼番組が放映されておりました。シリーズの中でも人気の『初恋』。うん、やはり良い。何か分からないけど温かい気持ちになり、感動しました。

 

 

で………。全シリーズ観たくなりました。You Tube付きのTVを購入したこともあって、早速You Tubeで検索すると、何話かヒットし第一話から観てみました。

 

 

話は、田中邦衛さん演じる黒板五郎が、子供を二人連れて北海道に引っ越すシーンから始まります。北海道の大自然の中で、子供達が成長する姿や、父・五郎の試行錯誤しながらも愛情深く子育てをする姿を描いています。

 

 

このドラマは、倉本聰さん脚本の代表作で、田中邦衛さんの訃報に、倉本聰さんは、次のように語っておりました。

 

 

「(黒板五郎役は)5人くらい候補がいた。高倉健もいたし藤竜也もいたし、中村雅俊西田敏行、いっぱいいた」「この中で誰が一番情けないだろうと話し合った。みんな異口同音に邦さんって言ったんですよね。一番情けない奴を主人公にしたかった」「矛盾の中で翻弄されて真剣に喘いでしまう人間を僕は描きたかった。それを邦さんは実に見事に素朴にやってくれたという気がする」「富良野人ですよ。匂いがありますよ。なにか土臭い感じがしますよね」(脚本家・倉本聰さん)

 

 

そしてこのドラマの最大の魅力は、何と言っても子供達が瑞々しく生き生きと描かれていることです。子供から見た世界が、リアルな言葉で表現しており、何と言っても可愛い。すこぶる可愛い。

 

 

2日間で、10話程You Tubeで観られたのですが、ある日続きを観ようとすると、今まで観ていた『北の国から』が、消えてしまっており………。探しても探してもありません。

 

 

諦めかけたその時、ネットで『FOD』なるネット配信サービスで全シリーズ観られることを発見。しかも、二週間無料だとか………。解約も簡単に出来るとか………。

 

 

『FOD』とは、フジテレビが放映したドラマ・バラエティーが期間限定(通常一週間)なら無料で観ることが出来る配信サービス(見逃し配信)で………。それ以前の番組ならば、『FODプレミアム』で、月額976円(税込)の見放題と言うもの。漫画や雑誌も読み放題だそうです。


f:id:pintocare:20210408120323j:image

 

早速、新規会員登録し、二週間の無料配信中に、全シリーズ観て、解約しようと思ってますが、結構時間が掛かりそうで………。毎日大画面で北海道の雄大な景色や動物などに感動しながら、3話程観ております。

 

 

が・・・目標達成出来るかな?

 

 

 

 

 

P.S.  スマホからブログを見るのに際しての異常は未だ続いております。『はてな』からの回答には、迷惑掛けていることの謝罪、直るのに時間が掛かること、応急処置としてパソコンバージョンにして読んでほしいとのことでした。

スマホからPCバージョンにする方法)↓↓↓

https://help.hatenablog.com/entry/change_device_type  

 

 

 

被害に合われている方、暫し時間が掛かりそうですね💦

 

 

 

 

 

薄い求肥に大きなフルーツ。値段だけのことある『フルーツ大福』

昨日は一日中雨でした。この雨で桜も終わってしまったようです。次の動画は『最強の城』と呼ばれた犬山城界隈の風景です。(友人作)

 

www.youtube.com

 

ところで、話は変わりますが………気になっているお店があります。その店は、いつも行列をしています。どうも、和菓子屋さんらしいのですが………。ちょっと覗いてみると、『フルーツ大福』って書いてありました。

 

 

大福餅の中にフルーツが入っているもの。イチゴやキーウィやりんご等々。ホントのこと言うと、「何で大福餅の中にフルーツなんか入れるのじゃ!!大福餅の中は小豆餡に決まっているだろ〜」と思っておりました。

 

 

しかし、新しきものが好きな私は、取り敢えず手を出します。

 

 

で………。行ってきました。店頭には、コロナの関係で入店は一組のみとのお知らせがありました。お店の中には、先客が一人おりましたが、幸いにも並んでる人もなく、少し外で待ち直ぐ店内へ……。


f:id:pintocare:20210402132623j:image

こだわりのフルーツ大福 覚王山フルーツ大福 弁才天 | 覚王山フルーツ大福 弁才天|愛知県名古屋市の覚王山でこだわりのフルーツ大福を是非ご賞味ください。

 (名古屋・覚王山に本店がありますが、全国展開している模様です)

 

 

手指消毒した後、入店します。店内は狭く中には、若い女店員さんが二人。ショーケースには、数々の『フルーツ大福』が縦半分に割った状態(中のフルーツがよ〜く見える)で並んでおります。

 

 

そして、横に気になるお値段が………。一つ450円から800円程。いやーぁ、高い。しかし、お店に入ったら、お客さんは私一人。買わずに帰るなんて出来なさそうなムードに………。

 

 

買ったのは、『あまおう』『紅ほっぺ』『りんご』の3個。
f:id:pintocare:20210402121628j:image

私が食べたのは、『あまおう』


f:id:pintocare:20210402125208j:image

半分に割るための紐も入っておりました。早速、割ってみました。


f:id:pintocare:20210402125219j:image

何と、きれいでしょう。求肥の中は、『あまおう』で一杯です。手に取った感じは、ズッシリとしております。

 

 

しかし、先程も言ったように、大福餅と言えばアンコだと思っている私は、余り期待せずに、口に入れました。

 

 

「お・お・美味しい〜!!」

 

 

『あまおう』の美味しさもさることながら、包んでいる求肥の美味しいこと。フルーツ本来の甘さを引き立たせるため生地への加糖を控えているらしいのです。薄く伸ばした求肥の中で、瑞々しい『あまおう』の甘酸っぱさが光っていました。

 

 

夫も、息子も、満足だったようです。

 

 

 

『値段だけのことはある。』これが私の結論です。

 

 

 

P.S. 前回の『皆さんのブログが読めません……』に、多くの方から、コメント・ブクマを頂きありがとうございました。スマホからブログを読む場合の異常で、パソコン版にすることにより何とか皆さんのブログに辿り着くことが、出来ました。教えて頂いたちまりん様ありがとうございました。未だ、スマホバージョンでは、異常が続いております。多くの方が、この被害を受けております。『はてな』に聞いておりますので、早急に対処してくれることを願います。

皆さんのブログが読めません…………。

最近、ブログが変。

 

 

少し前から、う〜ん、2ヶ月位前からだっただろうか?前から少なかったPVが、ますます少なくなって、前より半分ぐらいになってしまいました。

 

 

「あ〜、少なくなっちゃった〜」と、凹んでいると、おかしな事を発見してしまいました。何とスターを頂いた方の人数よりも、PVの方が少ないと言う不思議な現象。

 

 

あなたへのお知らせ』にスターを付けましたとの連絡を貰ってもPVがカウントされてないこともあり………。全部が全部と言う事ではなく、一部がカウントされてないみたい。訳わからない………。

 

 

まぁ、それだけならまだしも、今度は困ったことが起こってしまいました。

 

 

いつも、スターを頂いた方のブログを読んでスター返しをしているのですが、その方のIDをクリックしても、その方のブログに行かなく
f:id:pintocare:20210402230051j:image

こんな表示が出てきてしまいます。それで、皆さんのブログも読めず、スター返しも出来ない羽目になってしまってます。IDからブログに行くことが出来ますが……。それも、いちいち検索するのも、大変な作業で……。

 

 

皆さんは、どうでしょうか?問題なく読めてますか?今、初めて『はてな』に聞いてますが、困ってます。

 

 

と言うことで、折角お読み頂きスターを押して頂いた方。すみません。スター返しが出来ません。(読者登録している方に付いては、『購読中のブログ』から、読むことが出来ます)

 

 

早く直ると良いのですが………。この様な状態が続くと、ブログの存続すら怪しくなりそうです。どうしたものか??

 

 

 

 

 

 

 

介護施設入るのに、銀行通帳と銀行印預けるの??

母が特別養護老人施設に入所しました。殆ど歩けなくなり、家の中でも車椅子での移動を余儀なくされたからですが、家は車椅子での生活が難しく介護出来ないと判断したからです。


f:id:pintocare:20210329165223j:image

 

母は、ずーっと施設入りを拒んでいましたが、自分で何も出来なくなったことを痛感し、致し方ないと感じ、覚悟したようでした。

 

 

以前から、頼んであった施設の空きが出来たのを機に、入所が決まりました。決定後一週間迄に入所することになり、バタバタと準備し先日入所しました。

 

 

コロナ過で、施設内の見学も出来ず、もう運任せの感もあり心配しましたが、とても良さそうな所で、文句の多い母も満足しており、安心しました。

 

 

兄とともに、母を送りに行き事務手続きの際の会話で、アレッと思ったことがありました。

 

 

スタッフの方が、当然のように、「では、銀行の通帳と、銀行印をお預かりします」と言いました。「えっ??通帳と印鑑を??」………。「はい、そうです」兄と顔を合わせ「………。」


f:id:pintocare:20210329165235j:image

 

何と、銀行通帳と銀行印を施設で預かることは何処の特養でも当たり前のことだと言います。

 

 

そんなことしたら、勝手に引き落とされてしまいます。そんな事って………、有り得ない!!

 

 

「ちょっと合点がいかないのだけど……。どうして?」と聞いてみましたが、今ひとつ合点がいかない。ネットで調べてみると、そのような施設は多いようで……。

 

 

要するに、認知があるような高齢者も多く、自分では管理できないので施設が管理する。そこまでは、納得しますが………。保証人にも色々おり、利用料が入金されない恐れがあると危惧しているようです。

 

 

母の施設の場合は、指定の銀行に口座を作りそこから引き落とすと言うだけのものなのに……。前月に請求書が届き当月に引き落とし、その通帳のコピーを保証人に送付するので、問題はないとは思います。通帳と銀行印を預かる意図が分からない。そんなことする必要はないのでは?

 

 

ネットで検索していると、年金の振込先を施設指定の銀行に変えるように言われている所もあるとか………。全ての財産を施設が掌握すると言うことなのか?何か怖くなってきます。

 

 

施設に聞いても、合点がいかず、区役所に聞いても、その判断は各施設に任せてあるとしか言わない。詳細は市役所に聞いてほしいとのこと。市役所に聞いても、同じ事を繰り返すのみ。たらい回しされた挙げ句、各施設に任せてある。施設と話し合って下さいと………。

 

 

「通帳と銀行印を預かる場合は、間違えのないように、出納は保証人に連絡するよう指導してます。監検査は定期的にしております。」と言う言葉だけでした。

 

 

何かスッキリしない。有料老人ホームは、そんなことないのだろうか?有料老人ホームは、一時金を入れているので、何かあれば、そこから補填出来る。だから、通帳と銀行印を預かる必要はないのだろうか?

 

 

要するに、賃貸住宅で言う『敷金』みたいなものが必要なんでしょうね⁇

 

 

母の場合は、年金は違う金融機関に入り、その都度その利用料を指定の銀行に入金するので、問題はないはずですが………。

 

 

でも、なんでかなぁ〜??まだ、その規則みたいなものが、出来てないのでしょうねぇ〜!!

 

 

 

名古屋城金シャチ降臨と本丸御殿と桜🌸


また、コロナがぶり返してきそうですが、久しぶりに、もう一年以上ぶりに街に出て行きました。やっぱり街は良い。ウキウキしました。今回向かった先は、名古屋城

 

 

子供が小さい時でしたから、もう30年近くぶりの名古屋城でした。近くに住んでおりながら、数えるほどしか行っておりません。


f:id:pintocare:20210326205438j:image
f:id:pintocare:20210326205348j:image

 

尾張名古屋は城で持つ』

 

 

そして………。名古屋城と言えば『金の鯱鉾』

 

 

あれれ~、金シャチは何処?上の写真だけでははっきりと分かりません。(写真が悪いですね)

 

 

すると、前方からキラキラと光る眩しい物が………。実は、金シャチは16年ぶりに地上に降りているのです。そして、名古屋城二の丸広場でその姿が拝められるのです。

 

f:id:pintocare:20210326215007j:image

 

↑↑↑↑↑↑これは、雄の金シャチです。

 

↓↓↓↓↓↓次は、雌の金シャチです。


f:id:pintocare:20210327112253j:image


f:id:pintocare:20210327112329j:image

 

どう違うのでしょうか?頂いたリーフレットに記載されてました。

f:id:pintocare:20210327161308j:image

何と、小さな雌の方が、鱗の枚数が多いんですね。そして雄の方がやっばり大きい。気になる金額は雌雄合わせて5億円近いのだそうです。

 

 

間近で見ることが出来、感動ものでした。

 

 

次に向かったのは、本丸御殿。空襲で消失され、70年以上ぶりに再建されました。


f:id:pintocare:20210327114456j:image


f:id:pintocare:20210327114534j:image

 


f:id:pintocare:20210327114618j:image


f:id:pintocare:20210327114715j:image

 

絢爛豪華とは、こういう事を言うのでしょう。歴史に疎い私には、ただ金ピカで綺麗だったとしかコメント出来ませんが………。好きな人にはたまらないものでしょう。

 

 

そして、今回名古屋城に来た目的は、満開に近い桜を見るためです。まだ満開とは言えませんでしたが、満開の木もあり、又、当日は風も強く花弁も舞っていました。


f:id:pintocare:20210327123957j:image


f:id:pintocare:20210327124109j:image


f:id:pintocare:20210327124120j:image


f:id:pintocare:20210327124208j:image

 

 

名古屋城内には、2時間ほど滞在して、名古屋城隣の能楽堂横の『しら河』さんで名物『櫃まぶし』を食し帰路につきました。