女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

『お水』が止まったら、ホント困りますよ!

「あっ、ホントに水が出ない。」当たり前のように蛇口を捻ったら出る水が、出ない。




今から、25年位前だっただろうか、水不足で夜間断水になった。事前にそのおフレはあったもののトイレのレバーを回しても、同じ。この状態が朝まで続くそうだ。




こんなこと初めてだ。スイッチを付ければ電気が点き、レバーを捻ればガスが点く。蛇口を捻れば水が出る。そんなのは当たり前のこと。




だが、水が出ない。



f:id:pintocare:20201130170312j:plain




当時、大渇水で深刻な水不足が発生。で……、夜間のみ断水となった。




子供達は、まだ小さく……。夫は帰宅が深夜。それから食事・お風呂…。





夜10時位からだっただろうか、翌朝5時か6時迄が2週間(正確な時間も期間も忘れてしまったが)続いた。





断水になる前までに、子供達には食事・お風呂を済ませ寝かせなければならない。まぁ、我が家は9時迄には、寝かせているので、問題はない。




問題は、我々大人で、お風呂に水を貯めておきたいところだが、夫の帰宅は断水後。





で、お風呂のお湯はそのままで、残り湯をトイレに回す。新しい水は、桶やバケツに貯め保存する。




そこまでは、マニュアル通りに進む。困るのは、夜のトイレ。残り湯で流せばいいことだが、何か面倒。


f:id:pintocare:20201130170335j:plain





気を使えば使うほど、行きたくなっちゃうのが世の常。いつも夜はトイレに行かないのに、一回は行ってしまう。夜中に用を足した後、タンクに補充。ホント面倒くさい。




それと、夫の食事。作ってあるのでチンして食べるだけ。私は遅いのでもう布団の中。後片付けはご自分でとなっているが………。




食べた後は……。お茶碗、お皿等が流し台に放りっぱなし。それが、いつもの喧嘩のもとになるのだが……。




断水しているので、仕方ない。朝から、汚れた流し台を見ることが、イヤでイヤで………。
(夜間断水なだけでこんな調子なのに、災害に遭われた方はこの比ではなかったでしょう。)




そんな状態が、2週間。この時ほど『お水』の有り難さを感じたことはありません。




ありがとう『お水』




P.S.
そして、このコロナ禍で思うこと。当たり前のように出来ていたことが、難しくなっている。『当たり前』に感謝。それを気付かせてくれたことに感謝。



今週のお題「感謝したいこと」

サンタクロースってホントにいるよね?!

「サンタクロースって居るよね?Aちゃんが、そんなの居ないよって……。だって、サンタさんからお手紙貰ったんだから………。居るよねぇ〜。」


f:id:pintocare:20201128195700j:image

 

小5ぐらいだったか、娘が私に聞いてきます。

 

 

その時、どんな風に答えたか忘れてしまったがまだサンタクロースを信じている娘を可愛いと思う反面、ずーっと騙していた自分に何か罪の意識を感じたものでした。

 

 

 

我が家のクリスマスはと言うと、12月に入ると小さなクリスマスツリーを飾り子供たちには事前にクリスマスプレゼントは何が良い?と聞いていました。

 

 

 

クリスマス・イブの夜に、子供たちが寝静まった後、クリスマスツリーの下にプレゼントを置いていくと言うオーソドックスな感じで行っておりました。


f:id:pintocare:20201128195724j:image

 

 

3歳上の息子は、サンタクロースの正体を大分前から分かっていたようで、冒頭の娘の言葉にニヤニヤしております。

 

 

 

息子には、『シーッ!黙って』の圧力の目線を送り、娘には「そうねぇ〜」と曖昧な言葉を返します。

 

 

 

その1年程前、毎年書いているサンタさんへの手紙に、悩みが書いてあったのです。その悩みとは………。ウ~ン、詳細は忘れてしまっていますが、友達のことが書かれていました。


f:id:pintocare:20201128195758j:image

 

 

友達のことを思う文を見て優しい子に育ってくれたなと、嬉しく思ったものでした。

 

 

 

さぁ〜て、なんて書こう。サンタクロースを信じでいる娘に、お母さんがサンタさんだなんてバレたら大変です。定規で文字を作り、バレないよう返事を書きクリスマス・イブの夜にツリーの下にプレゼントと共に置きました。

 

 

 

その翌朝、子供たちは一目散にプレゼントの場所に……。プレゼントは息子にはゲームソフト、娘には当時流行った『たまごっち』だったような気がします。

 

 

 

『たまごっち』と言ったら、当時なかなか手に入らず、数軒おもちゃ屋さんを回って手に入れたものです。

 

 

 

娘は、その『たまごっち』より、サンタさんからの手紙に感激したようで………。

 

 

 

「お母さん、お母さん、サンタさんから手紙が来た、来た!」って嬉しそうに私に話します。

 

 

 

「えっ、何て書いてあるの?」と問うと、「ダメ、ダメ、お母さんには教えない。」と自分の部屋へ行って読んでました。

 

 

 

サンタさんから手紙貰ったって信じて疑わない娘は、サンタさんにお礼の手紙を書くって、ききません。

 

 

 

「サンタさん、来年まで来ないよ。」と言うと「分かった。来年書く。」と………。

 

 

 

その来年の冒頭の言葉から数週間後、娘はクリスマスプレゼントを私にねだリました。

 

 

 

 

紅葉の名所『香嵐渓』 名物のライトアップされず・・・

11月も終わりだと言うのに暖かい日が続いているので、久しぶりに、夫とドライブに行ってみようとなった。

 

 

行き先は、紅葉の名所香嵐渓(愛知県豊田市足助)

 

 



f:id:pintocare:20201127103539j:image

f:id:pintocare:20201127103554j:image

f:id:pintocare:20201127103612j:image

 


ご覧の通り、紅葉は終わり冬景色に入っていました。

 

 

 

香嵐渓』のもみじまつりの時は、もう渋滞・渋滞で近づけない。と言うことで、近くに居ながら、紅葉の時には行っていないです。(トホホ…)

 

 

 

夜になると、ライトアップされ、それは、それは綺麗です。山全体が燃えているような……。実物は見たことがなくTVでの映像ですが……。その時の光景は↓↓↓観光協会からお借りしました。


f:id:pintocare:20201127104330j:image

 

何と綺麗でしょう!!日中の紅葉の光景は↓↓


f:id:pintocare:20201127105754j:image

 

 

でも、まだ11月。例年なら紅葉も綺麗のはずですが今年は早く散ってしまって………。コロナでライトアップも中止になり………。暗くなる前迄には、お帰り下さいとのお知らせが……。

 

 

 

でも、屋台も出て、平日なのに結構な人出で賑わっておりました。

 

 

 

折角だから、巴川(香嵐渓に流れている川)沿いの御茶屋さんでちょっと一服


f:id:pintocare:20201127110018j:image

 


f:id:pintocare:20201127110029j:image

 

お抹茶を頂きました。目の前には囲炉裏が作ってあり何とも落ち着いた感じ。(お抹茶の写真撮ったつもりでしたが、アレッありません。何処行った?)

 

 

神社の100段程の階段を上り、足助屋敷界隈も回り、小一時間歩き、帰路に………。

 

 

 

ちょうどいい加減の疲れです。コロナ禍を忘れさせてくれました。

 

 

 

 

『インフルエンザ』の副作用?痒いんです。

何か臀部から背中にかけて、痒い。無意識に掻いてしまう。すると、余計に痒くなって、掻きむしってしまう。

 

 

でも、いつの間にかその痒さを忘れてしまっている。また、何となく痒くなっての繰り返し。


f:id:pintocare:20201123103301j:image

 

その部分を鏡で見てみるが、何せ臀部と背中。ひっくり返って見ようとしても、後ろが見えない。洗面台の三面鏡を角度を調節しながら何とか掻いた跡が見えた。

 

 

その部分は真っ赤になっていたが、その周囲は、色は薄いが赤く少し盛り上がっている。触ってみても、ザラザラ感はなく滑らかだ。

 

 

可笑しいな?かぶれたのかな?虫に刺されたのかな?えっ!ひょっとして、この歳でアトピー?取り敢えず、薬局に行って薬買っておこうと……。

 

 

薬局で、色々探して『蕁麻疹』かも?と薬のパッケージの写真を見ながら思う。でも、ちょっと違う様にも思うが………。

 

 

『この薬は蕁麻疹や、他の痒み、湿疹にも効果あり』と書いてあるので、その軟膏を買ってベタベタに塗ってみた。

 

 

すーっとして、痒みは収まった。これで治るかなと、淡い期待をし数日塗ってみた。ちょっとは、マシになったかもと思うぐらい。

 

 

でも、『蕁麻疹』って、今まで2度程なったことあるけど、凄い痒みで、中からぼぁ〜んと湿疹が溢れ出る感じ。今回のは、それ程でもない。違うような気がする。

 

 

で………、連休に入る前に皮膚科行ってみた。

 

 

男の皮膚科の先生に、お尻を見せるのに抵抗があったが、(年齢を重ねても女ですから)見せない訳にもいかず………。

 

 

先生は一言

「これは痒いですネ。中毒疹ですネ。」と

「えっ、何の中毒?」

「思い当たることは?」

「ウ~ン、そういえば、痒くなる2〜3日前にインフルエンザの予防接種を打ちました。」

「あ~、そうですか。その可能性が高いですネ。」と………。

「でも、すぐには、痒くならなかったですよ。」

「数日経ってから出てくることは良くありますよ。」と………。


f:id:pintocare:20201123103335j:image

 

 

インフルエンザの予防接種が原因だったのだろうか?10数年前に打ったことあるけど、何ともなかったし、他の予防接種でも、なったことないのになぁ〜と思いながら、内服薬と塗り薬をもらって帰った。

 

 

 

薬を飲んで、暫くすると痒いことを忘れさせてくれた。ほぼほぼ、痒みもなくなり、治ったようだ。

 

 

 

これから、予防接種する時は、気を付けなければいけないのかと思うと、ちょっと憂鬱だ。コロナの予防接種もしないといけないし……。

 

 

 

P.S.ちょっとこの騒動の中で、気になったことが………。何と体脂肪率が市販の薬使用後5%下がり、内服薬使用後10%下がりました。保湿したから下がった???

天下の奇祭『はだか祭』知ってますか?

コロナ禍で、また一つお祭りが無くなってしまった。正確に言うと、無くなったのではなく縮小なのだが………。神事のみで裸男のお祭りはなくなったそうです。

 

 

天下の奇祭と言われている国府宮のはだか祭』。愛知県稲沢市で、毎年2月下旬に行われ『春を呼ぶ』とも言われております。しかし、何故か当日は寒く雪の降ることが多いですネ。

 

 

このお祭は、『神男(しんおとこ)』と呼ばれる男性に触ると、厄が落ちると言われ、裸の男たちが群がるクライマックスは見どころです。

 

 

その様子は、You Tubeを貼っておきますので、ご覧下さい。↓↓↓

 


【高画質】はだかまつりクライマックス!裸男が殺到!国府宮はだか祭 2020年 令和2年 R¡i¡ / Japan's Naked Festival

 

このお祭り、2度観に行ったことがあります。『厄年』の男性が厄落としに行くと良いと言われ、夫の42歳の男の大厄に、家族4人で行きました。(因みに男の厄年は、25歳と42歳。女は19歳と33歳。それと、60歳。これは男女共通)

 

 

初めて観に行った時は、子供が小さかったのでお参りしただけで、帰りましたが………。周辺には褌・白足袋姿の男たちが、酒臭く酔っ払った状態で、そこかしこにいました。

 

 

『なおい布(きれ)』(祭の主役『神男』が、皆の厄を引き受けて祈祷してもらった布)を 身に着けた裸男が、引裂いて皆に渡しておりました。裸男からもらうとご利益があると言う説もあり、汗臭い布をお守りとして持ってました。

 

 

 

2度目は、8年程前。今度は夫と二人で観に行きました。『はだか祭』の主役『神男』が『なおい殿』に引き上げられる場所に、陣を置き待つことに……。

 

 

 

『はだか祭』は、一通りの神事を終えると、皆の厄を一身に受け止めた『神男』が、一糸纏わずの姿で(『神男』については身体中の毛を剃ってます。)裸男達の群れに飛び込み、揉みくちゃにされながらも『なおい殿』を目指します。

 

 

 

その『神男』に触れると、厄が落ちると言われ大勢の裸男達が押し合いへし合いします。その光景は、凄い迫力です。

 

 

 

『なおい殿』の前に陣取りその場面を待つ事4時間。少しづつ裸男達が現れますが、中には可愛い子供達もいました。皆、裸で寒そうに身体を丸めていました。

 

 

 

その日は、天気も良く暖かではありましたが、さすがに2月下旬、日が暮れるのにつれそれは寒く……。まだまだ『神男』が現れるには時間がかかります。

 

 

 

夕方5時を過ぎる頃、遠くの方で歓声が聞こえます。どうも『神男』が裸男達の渦の中に入ったようです。

 

 

「ワッショイ、ワッショイ」と「オー!」との歓声と共に、その渦は『なおい殿』に近づいてきました。

 

 

『神男』に触ろうとする裸男達に向かい、『桶隊』と言われる人達が、水を撒きます。その水が、裸男達の熱気で湯けむりになります。

 

 

 

日が落ち空は暗く、周りの証明がそれを照らす。何とも幻想的で綺麗な光景です。

 
f:id:pintocare:20201119143156j:image

 

 

最後は、『なおい殿』に入ろうとする『神男』を助ける『元神男』が『なおい殿』から身体にロープを付け、その渦に飛び込み『神男』を引っ張りあげようとします。

 

 

 

トライすることに、3回目やっと『なおい殿』の中に『神男』を引っ張り上げ大歓声と拍手の中、『はだか祭』は、終了しました。

 

 

 

それは、それは、幻想的で感動の『天下の奇祭・はだか祭』です。一生に一度は観られることをお勧めします。

 

 

 

でも、物凄い熱気の裸男達の波が、見物客の方へ、私の方へ押し寄せて来て、警官がガードしてはいるのですが、怖かった………。もう、殺される〜と思ったほどで、私は遠慮かな?

 


 

 

 

『てっちり(フグ鍋)』にハラハラ・ドキドキ・・・

『鍋』と言えば、家族が揃ったときによく囲みますが、何かブログに書くような『鍋』はないかと、つらつら考え………。





『てっちり(フグ鍋)』




まだ独身の頃、九州に旅行し、生まれて初めて『フグ』と言うものを食べました。それも肝まで…………。




大分県では、フグの肝が食べられると聞き、折角だから肝まで食べようと言うことになりました。



f:id:pintocare:20201121114141j:plain




大分県のフグの有名なお店をガイドブックで探し、そこに向かいます。名前は忘れてしまいましたが、立派な構えのお店でした。




若い女の子二人で入るのには、少々勇気がいりましたが、お店の人に促され席に着くと、周りのお客さんは中高年の方ばかり。やはり、場違いな感じアリアリです。




何を頼もうかとメニューに目を通すと、目が飛び出る程のお値段。いくらかは忘れましたが、結構なお値段でした。




が………、花の独身OL。お金はアル。





で、もちろん一番高いものをと言いたいところですが、可愛いもので、やっぱり頼んだものは、一番安いコース。




『てっさ(フグ刺し)』は載っていたお皿の柄が透けて見えるほど薄く切られており、有るのか無いのかわからない程………。




f:id:pintocare:20201121114231j:plain




最後に『てっちり』と呼ばれるフグ鍋を……。お店の人が鍋に具材を入れてくれます。肝も入ってました。グツグツと煮込まれ美味しそうです。



f:id:pintocare:20201121114249j:plain




「さぁ、食べよう!」意気揚々とと言いたいところ。二人とも、鍋をじぃーと見つめ………、




「大丈夫だよね?」
「あたらないよね?」
と、恐る恐る黙々と食べました。




何故か???




何年か前に、有名な歌舞伎役者・8代目坂東三津五郎さんが、フグの肝にあたって亡くなられたことが頭をよぎったのです。




静かに静かに、フグと格闘し美味しかったかどうかも分からないまま、『てっちり』を食べました。(でも完食しましたが………。だって勿体ないでしょ!)




その後、数年経ち会社の先輩宅で同僚達が集まり、鍋パーティをした際も、フグの肝をご馳走になりました。調理したのは、先輩のお友達。この時もハラハラものでしたが、皆無事で今日に至ります。




今週のお題「鍋」

『奥入瀬渓流』は絶景で絶景で・・・でも、歩き疲れました。

林檎を津軽弁のおばあちゃんから無事買えた私達は、次なる観光地奥入瀬渓流に向かいました。

 

 

pintocare.hatenablog.com

 

 

奥入瀬渓流はと言うと………。何せ40年程前のこと。記憶を巡らせ、ネットのお力も借りこの記事を書いてます。

 

 

ただ、『疲れた〜』ことだけは鮮明に覚えています。

 

 

奥入瀬渓流と言うのは、総距離は14.5キロもあったそうで………。


f:id:pintocare:20201118145058j:image


この距離を歩いた訳ですから、疲れるのも無理ありません。でも、ずーっと一緒に歩いた人達はなく、途中から参加して歩いたり、途中で居なくなったり………。

 

 

でも、でも、、、

 

 

さすがに、絶景で………。流れる川は勾配のあるところは、空気を含むからか白く、平坦なところは、透き通って………。川の両側には、樹木が生い茂り………。その樹木の狭間から差し込む溢れ日が、それはそれは幻想的で………。

 

 

もう、昔の事で写真が見当たらないので、十和田湖観光協会様より写真をお借りして載せておきます。


f:id:pintocare:20201118094042j:image   ↑ ↑ 三乱の流れ


f:id:pintocare:20201118094056j:image

    ↑ ↑  阿修羅の流れ


f:id:pintocare:20201118145941j:image
     ↑ ↑ 銚子大滝

 

訪れた時期が、11月だったので紅葉は上になく足元に散らばっておりました。その紅葉を踏みしめながら遊歩道を歩きます。足元が悪く滑りそうになりながらも、感動の時間でした。

 

 

キャンバスを立て絵を描く人。カメラを抱え写真を撮る人。当時は、それ程人も混んでなく、快適に歩くことが出来ました。

 

 

初めてのうちは、「わぁーキレイ」「写真、写真」と喋りながらの散策。だんだん、会話もなくなり転ばないよう下ばかり見て黙々とただ歩く………。何時間歩いたのだろう?

 

 

チカレタビー!!(←古すぎー)

 

 

私達の『みちのく一人旅』ならぬ二人旅は、新田次郎八甲田山死の彷徨』で有名な八甲田山の入口付近を散策し、盛岡名物『わんこそば』に挑戦し、日本三景松島』に感激し、仙台名物『笹かまぼこ』をお土産に無事戻って来ました。

 

 

P.S. 旅には、ちょっとした出会いがあります。若かりし女二人の弥次喜多道中に東京の男子大学生がナンパし・・・一緒にドライブするも・・・・。何と追突事故を起こしてしまうというアクシデントもあり・・・・。(事故は物損だけで済みました)