女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

キラキラネームは、可愛いけど読みにくいのがねぇ〜・・・

今、キラキラネームが話題になっています。

 

キラキラネームっていうのは、伝統的でない当て字や、外国人名やキャラクター名などを用いた奇抜な名前の総称です。 (ウィキペディアより)

 

 

具体的には

光宙』ーーー→『ビカチュウ』

『騎士』ーーー→『ナイト』

『心愛』ーーー→『ここあ』

『大空』ーーー→『スカイ』  等々


f:id:pintocare:20220522200508j:image

 

ルビを振らないと読めません。

 

 

実はウチの息子も、キラキラネームではないのですが、ルビを振らないと正確に読んでもらえません。もう32年も前のことですが、その時に初めて人名用漢字に認定?された漢字を使っています。ここでは、伏せますが………。決してキラキラとした読み方ではなく、ごくごく平凡な読み方です。というより、当時としてはちょっと古めかしく、親世代に流行った読み方なんです。

 

 

初めての子で、姓名判断の本を熟読して名字に合う良い名前をと、ない知恵を絞り「あ〜でもない、こ〜でもない」と、画数から該当する漢字をパズルのように入れ、読みは普通にと……。付けた名前は、皆???で、「何て読むの?」と………。で、何時もルビが必要となります😅

 

 

後に「実はアトムにしようかな?とも思ってたよ」というと、息子は「良かった。アトムじゃなくて」っと………。

 

 

そんなこともあり、娘の時には、画数を考えながら『ひらがな』にしたんです。これなら、誰にも???って言われないからで………。

 

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

 

その娘。今、お腹の赤ちゃんの名前を考えているようで………。私に言ってきた名前は、今どきの名前で、ちょっと読みにくい。

 

 

そこで一言。

 

 

やっぱり皆に読んでもらえるのが一番よ!!

マスク外します??

「屋外で2メートル以内に人が居なければ、マスクを外すことを推奨する」と政府が言い出しました。というか、以前にも夏になると「屋外で周りに誰も居なければマスク外しても良い」と言っていたようですが……。


f:id:pintocare:20220516191549j:image

 

当たり前でしょ!だ〜れも居ないところでマスクなんかしなくても良いでしょ!!私見です)

 

 

私は屋外で周りに誰も居ない時は、以前からマスクを外しています。でも、やはり人目を気にして離れた所に人を見つけると、マスクをつけてしまいます。同調圧力ってやつですね。

 

 

車の中でも、マスクを付けたまま運転している人ってよく見掛けます。車中に誰も居ないのになぁ〜と………。まぁ、車から降りてコンビニなんかに入る時に、付け忘れそう?だからとか、付けたり外したり面倒だからってことも良く分かるけども………。(これも私見です)

 

 

これから、夏に向かって暑くなるので熱中症にならないように注意が必要です。


f:id:pintocare:20220516191521j:image

 

私は、基本家に居てマスク生活が少ない人間ですが、マスク生活は息苦しい。もちろん外出時にはマスクを付け、スポーツジムでもマスクを付けたまま、ダンスをしていると酸欠状態になりそうになる時もあり………。一日中お仕事をしている人や学生さんは、さぞかし息苦しいことでしょう。

 

 

そんな時、ビックリなことを耳にしました。何と救急車で運ばれた人も救急車の中でマスクを付けさせられたそうです。その人は、電車の中で体調を崩し救急車で近くの病院に運ばれ……。幸い病院に着いたときは体調も回復しコロナの検査だけされて帰宅したのですが………。息苦しそうにしている人にマスクを強要するとは?!

 

 

私は、どちらかと言うと屋外でのマスク不要論者なのですが、マスクが必要と言う人の声も多い。長い間のマスク生活に慣れてしまっていたため、外すことに恐怖を覚えるのでしょうか?

 

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

それ以前に、私は言いたい。まだ介護施設の面会が止まっています。施設により差があるようですが、母がお世話になっている施設ではオミクロン株発生から4ヶ月、面会禁止が続いています。

 

 

 

ワンちゃんも帰省しましたよ!

久しぶりに制限のないGWも終わり、また徐々にコロナ新規感染者数が増えてきました。連休後のことなので、当然の数字なのだろうと思いますが…………。早く収まって欲しいものです。

 

 

何時もの生活が始まり1週間が過ぎようとしています。

 

 

それにしても、今年のGWはかなり賑やかでした。娘夫婦だけでなく、ワンちゃんを連れての帰省だったからで………。

 

 

まず帰省2日前に、ワンちゃんのケージとトイレと給水ボトルが送られ、ゲージを組み立てると、リビングの何割かを占領した。このワンちゃんの一式は、帰省時のために我が家に置いておくようだ。我が家は別荘?かと……。

 

 

当日、東京から3時間ほどの旅路をリュック式のケースの中で、大人しく新幹線や地下鉄に乗り無事、我が家に到着。ケースから出てきたワンちゃんは、トイレに直行。

 

 

良く我慢出来たね。偉い、偉い。

 

 

ワンちゃんの名前は『オモチ』。生後8ヶ月のトイ・プードル。私達とは、お正月以来、4ヶ月ぶりの再会となる。


f:id:pintocare:20220511163841j:image


f:id:pintocare:20220511163907j:image

 

鼻筋の通った、ちょっと寄り目の女のコ。寄り目の美人?人間で言うと『米倉涼子』?でも、ツンデレではなく、愛嬌いっぱいで、超可愛い。

 

 

オモチは、初めての場所にもかかわらず、リビングを走り回る。次第に和室にも走り回る。絨毯や畳の上も遠慮なく走り回って………。

 

 

すると、クルクル回りだし……。娘が慌ててオモチを抱えトイレに連れて行く。何とかセーフかと思いきや、はみ出してしまい、ケージの中とはいえ失敗💦部屋で失敗されては大変と、オモチから目が離せない。

 

 

そして、夜はケージの中でお休み。でも、扉の近くなので家人が出たり入ったり。可哀想にその度に起こされ、なかなか寝られない。かと言って遊んでくれるわけでもなくスルーされ、ちょっと可哀相なオモチ。

 

 

オモチの朝は早く、5時半頃何気にオモチに目をやると、ジーッとこちらを見ている。もう起きている。まだ早いのでスルーして、6時半頃声をかけると、尻尾を振ってケージ内を回ったり柵をかじって外に出せと要求する。あまり鳴かないオモチも、キュンキューンと鳴いて訴える。その姿が、何とも可愛い。

 

 

ケージから出すと家中を走り回り、スリッパを咥えたり、靴下に興味があるようで、噛み付いてくる。イタズラばかりするので、ケージに戻すとキョトンとした顔で見つめてくる。

 

 

何か悪いことしたのかなぁ〜?と訴えているようで……。

 

 

そんな感じで大人ばかりの中を充分賑わせてくれ、東京へと帰って行きました。

 

 

オモチ、またおいでね!

 

 

 

犬山城天守閣に登ってみて・・・

まるで、ウサギ跳びしたみたいに太ももの外側が痛い。階段の登り降りがキツイ💦トイレが洋式で良かった………。

 

 

昨日、犬山城へ行って来ました。天守閣までの細く急な階段10段ほどを3~4回ほど登って天守閣まで……。その階段は対面通行になっており、細い階段が益々細くなっており真ん中には手摺も付いているので、益々細く………。もちろん端にも手摺が付いていおり……。凄く急で、高所恐怖症の私は、両手で手摺をしっかり掴み登って行きます。下りはもっと怖く落ちないようにゆっくりと……。緊張で使わなくても良い筋肉まで使ったもようです。

(お城は何処もこんな感じなのでしょうが、犬山城は3階建ての小さなお城のためなのか勾配がきついようです)


f:id:pintocare:20220507163306j:image

でも、天守閣での景色はそれはそれは素晴らしい。天守閣最上階には取り巻くように回廊があり御嶽山や遠くに名古屋駅前ビル群も見ることが出来ます。直ぐ側には木曽川が滔々と流れており、これでは敵は責められない自然の要塞となっております。木曽川があるためなのか風があり、ビビリの私は手摺をしっかり握っての見学となりました。


f:id:pintocare:20220507155546j:image

ここで、観光協会からの説明文の一部を載せてみます。

犬山城とは、現存する国宝の天守閣の中でも日本最古であり、今から480年以上前の1537年(天文6年)、織田信長の叔父である織田信康によって築城されました。 この城は木曽川沿いの小高い丘に建てられた後堅固(うしろけんご)の城です。

 

 

そして、忘れてはならぬその城下町。レンタル着物を着た若い女性もおり、もちろん美味しそうなスイーツを扱うお店もいっぱいあり、賑わっておりました。


f:id:pintocare:20220507163555j:image

(中央奥に見えるのが犬山城です)

 

 

今回は、出発が遅く短い滞在となり残念ながら、味わうことが出来ませんでしたが、お天気も良く、人手も多からず少なからずで、気持ち良い一日でした。緊張からか疲れからか、久しぶりに貧血気味になってしまい、ちょっと慌てましたが………。

 

 

阿佐ヶ谷姉妹に遭遇?!

GWも前半が終わりましたが、今年のGWは少し肌寒く朝晩暖房が恋しくなりました。さて、前回のブログの通り娘夫婦とワンコが帰省し、今帰って行きました。フ〜やれやれです。ホント子供は来て嬉し、帰って嬉しです(笑)

 

 

今日は、3日目の夕食で外食に行った時のお話です。2日目に名古屋名物『ひつまぶし』を食べに行ったので、3日目は家でと思っていたのですが……。娘の「トンカツ食べに行きたい」の一言でまたしても外食になってしまい………。

 

 

う〜、お金が飛んでいく〜〜

 

 

まぁ、そんなことは置いておいて……。そこのお店は、手延べトンカツと言って、箸で切れる柔らかいトンカツ。先付けの『エビとキュウリの和え物』が美味しく、『赤だし』と、『柔らかいトンカツ』。『キャベツ』はお代わり自由。最後にデザートとして、飲み物やアイスクリームが付いてます。デザートを出す時は、一輪の花がテーブルに置かれるというとっても素敵なお店。


f:id:pintocare:20220503134822j:image


f:id:pintocare:20220503134830j:image


f:id:pintocare:20220503134839j:image

 

やはりGW中だからか、店内は一杯で、暫し待たされました。その際、息子が

 

 

阿佐ヶ谷姉妹がいるよ。だと思うけど……。ほら?!」って………。

 

 

息子の視線の先を見ると、阿佐ヶ谷姉妹の背が高く細い方の人(お姉さん)そっくりな人が目に入ってきて……。ヘアースタイル・眼鏡もあのままで、服装は地味め。感じはソックリ。娘や婿さんも夫さえも


f:id:pintocare:20220503134217j:image

 

「ソックリ、本物?!」とザワつき、向かえの女性はこちらからは背中しか見えないものも、背中から醸し出す雰囲気は阿佐ヶ谷姉妹のもう一人(妹)にソックリです………。

 

 

「側まで行って見てくる?」との息子の声に

「でも、ちょっと老けてない?」

「こんなところに居るわけないんじゃない?」

 

 

此処は、名古屋郊外の小ぢんまりとしたレストラン。でも、評判のお店なので、ひょっとしたら居てもおかしくない。でも………。声をかけて違ったら………。失礼じゃない?!だって阿佐ヶ谷姉妹だよ。地味な中年の女性二人。やっぱり声をかけるのも失礼だよ。大体、声をかける勇気もないし………。何だかんだ言っているうちに阿佐ヶ谷姉妹は出ていってしまったようでした。

 

 

でも、似てたなぁ〜。本物だったかもね??

 

 

 

 

 

子供が帰省する。その時、母は・・・

もうすぐGWですね。今年は緊急事態宣言も、まん延防止もない久しぶりに制限なしの大型連休。

 

 

ということで、久しぶりに東京にいる娘夫婦が帰省します。東京に引越してから約2年ぶりの帰省になります。結婚当初の2年間は、地元の名古屋にいたので、ちょこちょこと日帰りで遊びに来ていたのですが、今度はお泊りになります。もちろん、婿さんも泊まるということで………。布団やら、その他諸々、用意しなくてはならない物が…………。

 

 

寝る部屋はどうするか?小さな家なので、空いている部屋は、娘の部屋とリビングぐらい。で、娘の部屋に二人で寝てもらいます。ベットの横に布団を敷くと、一寸の隙間もないほどになります。多分、婿さんが下で寝るんだろうなと………。やっぱり女は強い。

 

 

そして、二人だけではなく犬も連れてくると言っており、ゲージも購入し送ると……。新幹線に乗って犬共々の帰省になります。


f:id:pintocare:20220426215854j:image

 

布団一式買って、お天気と相談し干してっと、婿さん用に、お茶碗・お箸・お椀・マグカップ等々、お客さん用でなく新たに買ってと………。パジャマまで用意することになり………。物入りです。

 

 

二泊か三泊するようで、食事も考えなければっと………。名古屋名物『ひつまぶし』のリクエストに応え、お店を予約して……。また、「エビフライ作って」とのリクエストでエビフライを作って………。もうどんだけお金が飛んでいくか〜っと………。

 

 

大甘な夫は「買ってやれ、食べさせてやれ」と良い顔しいで………。

 

 

 

もうブツブツ言いながらも、イソイソと準備している大甘な母であります。

 

 

割れたお皿の処理は、バイト君だけでするの??

『ガシャーン!!』

 

 

やっぱり落ちたか?!名古屋名物『天むす』の乗った小皿が床に落ち、真っ二つに………。小皿に乗った『天むす』とお漬物が床に転がった。


f:id:pintocare:20220421115747j:image

 

お好み焼き屋さんでのひとコマ。お好み焼き』『天むす』二つと『大根サラダ』『赤だし』『ドリンクバー』が付いた1,000円のランチセット。大学生?高校生?らしきバイトの男の子が、最初から不器用そうな手付きで料理を運んで来る。ちょっとボーッとして、可愛くもあるが………。何か、そんなところがウチの息子に似ている。

 

 

コップや大根サラダに続いて『天むす』を三皿運んできた。空いている隣のテーブルに仮置きする。その時点で大丈夫か?の状態だったが、一皿こちらのテーブルに置いた時に冒頭の事件は起こった。

 

 

「アッ!!」


f:id:pintocare:20220421115646j:image

 

私達が声をあげる。彼は一言「すいません。新しいの持ってきます」と………。

 

 

新しい『天むす』を持って来てから、おもむろに割れたお皿を処理していた。「大丈夫でしたか?」と私達を気遣った。

 

 

「うん、大丈夫だよ」と夫が優しく答えていた。ホント外面が良いんだから………。

 

 

まぁ、よくある場面だが………。気になったのは、そうゆう場面では、責任者が飛んできて謝罪しテキパキと処理するのだが………。一切なし。周りのスタッフは、我関せずとばかり自分の職務に徹していた。バイトは若い子ばかり。店長らしき人は見当たらない。

 

 

これでは、バイトの男の子が可哀想になって来る。中年の女性スタッフもいたが、聞こえなかったのか知らぬふり。でも、聞こえなかったはずは無い。あんな大きな音がしたのだから………。

 

 

此処は、古民家風のお好み焼き屋さんで、他にも店舗を持っている。ケーキみたいに甘口なお好み焼きと、天むすのセットが人気のお店。最近リニューアルしたので、久しぶりに入ってみたのだが、ドリンクバーのコーヒーが、出がらしのようで苦かったし…………。多分、もう入らないな………。料理は美味しいのに勿体ない話だ。

 

 

席を立つと、足元に割れたお皿の欠片が転がっていた。