女のため息

名古屋郊外在住 アラ還の平凡な主婦です。経験したことや、思ったことを 思い出しながら綴りたいと思います。

コカ・コーラが初めて家にやって来た話。

『スカッと爽やかコカ・コーラってCM有りましたねぇ!古すぎて知らないですか?


そのコカ・コーラが我が家に初めて登場した お・は・な・し


もう半世紀以上前のこと。近所のおばさんが家に来て、母と何か話している。「Y子ちゃんが新聞に載っている!!」と………。


『えっ!何かやらかした?』と心配になり、耳がダンボに・・・


どうも、地方のフリーペーパーに、私の写真が載っているらしい。その新聞を見てみると確かに写っている。私の顔の横に⭕印迄付いている。


そして、『この子を知りませんか?』みたいな事が書かれていた。『名乗り出て頂きましたらコカ・コーラ1ダース差し上げます。』だって……。


まるで『ウォンテッド』お尋ね者みたいに…。

f:id:pintocare:20200709094330j:plain



小学1年生の時、友達と一緒に下校する一瞬を写された様だ。何故だか私だけカメラ目線で写っている。いつ撮られたかは、全く分からない。(まぁ可愛かったのだろう?と……。笑)


その新聞記事には、『名古屋の○○区の○○町にて』と書いてあったが……、配られたのは離れた場所。そりゃ〜分からない筈。


てなことで、たまたま近所のおばさんの知人の目に止まり回り回って冒頭のシーンに・・・


それで、コカ・コーラが我が家に来る事になるのである。


f:id:pintocare:20200709094158j:plain



で……。


まだ当時は、メジャーではなく、アメリカの飲み物みたいな感じが強く敬遠されていた様だ。


そのコカ・コーラが我が家に来た時の事は、正直覚えていないが、母が言うには、『薬臭い。』と言うこと。あまり美味しくなかった様だ。


無理もない。炭酸水と言えば、緑色の粉末ソーダ水が当たり前の時代。黒いジュースなんて………。ですよネ!


そんな話も、今は昔………。


今でも『スカッと爽やかコカ・コーラ』です。


禁酒してよ〜〜!!

特定健診の結果を聞きに近所のクリニックに夫と共に行ってきました。


その結果は・・・


まぁ、私は健康的な生活をしているので、全く問題無し。お酒もタバコも嗜めないし、運動も適度にしているので、思った通りの数字である。


問題は夫である。


夫は、お酒もタバコも嗜む。それも、若い時からずーっと………。


会社員時代から、多分 健康診断の値が悪かったと思うが、そんなの無視していたのであろう。別に、何処か悪いと言う所はなかったからだ。


で………。


f:id:pintocare:20200707170925j:plain



「肝機能の数値が良くないですね。」と医者に言われてしまった。これも、毎度の言葉なんだが………。


休肝日を1日増やして週2日連続の休肝日つくったのに…。量も減らしたのに……。」と不満げな夫。


実は、去年 休肝日を増やす様言われ、実行していたのだ。


どうも効果がないどころか、数値が悪くなってしまったのだ。凹むのも無理はない。


「このまま放置すると、肝硬変となり終いには肝がんになってしまいます。8年ぐらいで……。」と、脅されてしまった。


2ヶ月禁酒すると、数値が変わってきますよ!」と続ける。


f:id:pintocare:20200707171029j:plain



「先生、酒が飲めないのなら死んだほうがましですヨ」って夫が冗談ぽく言うと、医者は「僕も飲むので気持ちは良く分かります。我慢するとストレスにもなりますしねぇ〜」と……。


先生、そんな言い方して大丈夫?お酒を止めなさいと言わないと……。と私は思うのだが……。


有酸素運動が良いですよ!ウォーキングやジョギング。何かやってます?」と……。


「私は、毎日剣道の素振りをやってます。」とちょっと自慢気に夫が返しても、それは有酸素運動にはならないので、ダメだと一蹴されてしまった。


真剣に考える夫。


出した結論は……、


もう1日休肝日を増やし酒の量も減らし、ジョギングをすると言うこと。


「お酒なんか止めりゃ〜良いのに〜。」って言うと、「バカ言え〜!!」だってさ!





最後になりましたが、コロナ騒動から始めたブログですが、皆様のお陰で読者登録数が100人に到達しました。ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

小池都知事、再選おめでとう!!

『夜の街』頻繁に聞くワードである。


コロナ禍による感染源であると言われている。確かに、東京の感染者の多くが、新宿や池袋に偏っている。


でも……。『夜の街』って一体なに?


ホストクラブやキャバクラのこと。『接待を伴う飲食店』のこと。


f:id:pintocare:20200706124149j:plain



そのような店の総称としての『夜の街』


さすが、小池さんは言葉のチョイスが上手い!一言で、イメージが浮かんでくる。


でも、この言葉ってアメリカなどで、問題になっている『黒人』の様な差別言葉では?と思ってしまうのは、私だけ?


その小池さん。さすがマスコミ出身だけあり言葉のセンスは抜群だが、それで身を滅ぼしているところも散見される。


「排除する」発言は誰もが知るところだろう。


この発言は、記者の誘導尋問に乗せられた感もあるのだが……。


話題の新刊『女帝小池百合子で、次の様な箇所があるとネットで話題になっているそうだ。


f:id:pintocare:20200706124024j:plain



それは、拉致被害者の前で、バックが見当たらなかったらしく、見つかった時に、


「あ~バック拉致されたかと思った!」と………。


これはダメでしょ!!何と心無い言葉……。人格を疑います。政治家以前の問題!


阪神淡路大震災の被害者との面談で、ずーっとマニュキュアを塗っていて、塗り終わったら「じゃあ、帰って下さい。選挙区変わったから」と言ったとか……。


大分 脚色しているとは、思われるが……。


こんな事を 書かれるのは大物の証拠???


派手ゆえ目立ってしまっているが、内容がナイヨーでは困りますねぇー!


私は、東京都民ではないので、あまり関係ないとはいえ、日本の首都『大都会東京』が心配でならない。


大丈夫かな〜〜???

部屋が痒い〜

息子の部屋が汚い!!


何度「掃除をしろ!」と言っても「分かった。やるやる」と言うだけ……。


仕方なく、母 登場。


f:id:pintocare:20200705103955j:plain




しかし、手の付けようがないのである。もう本が机の上に積み上げられ山の様。床にも本の山。書類も山の様に積み上げられている。洋服は、その辺りにポイ。


「勝手に捨てちゃーダメだよ。」って言うから、取り敢えず整頓して掃除機をかけるのみ……。


掃除してたら、痒くなってきた。


書類や本の中に、ダニやノミがいるに違いない!!


だから、アトピーが治らないのよ!!


そういえば小さい時から整理整頓が苦手で、小学校の先生によく言われたものだが、相談すると、「大きくなったら変わりますよ!」なんて調子の良いこと言われ……。


今も変わっていません!!


研究者の卵みたいなことをしているので、本は商売道具で、自分の本や、母校の大学から借りた本や、そのコピー何かが溢れている。


もう何でも良いから、
「片付けろ!!」


f:id:pintocare:20200705104037j:plain




母に叱られ、半日かけ片付けだした。コピー等の書類は全てゴミ袋に 山の様な本も本棚にキュンキュンに入れ今にも落ちそう……。


それでも8割方、片付いたようで……。


〆は、バルサン。


f:id:pintocare:20200704223244j:plain



部屋を閉め切って、バルサンたいて、暫く入室禁止。これでダニ・ノミ全滅?の筈。


ちょっとは、キレイになるのかな?


でも、この状態いつまで続くのかな?


オイ!!息子よ!!



 

仕事と子育ての敵は・・・女???

私は、結婚してすぐ会社を辞め専業主婦となった。当時は、『寿退社』は、当たり前の社会だった。


これは、会社の先輩で、正社員として母として定年迄勤め上げたWさんの話である。


f:id:pintocare:20200703223443j:plain



Wさんは、私より4歳上の先輩でデスクも隣だった。4年も先輩だと、最初はちょっと距離があったが、優しくてきれいな人だった。


ずーっと前から、彼氏はいる様で、よくお迎えの車にイソイソと乗り込む姿を目撃しており、皆の噂になっていた。


が・・・


何年経っても結婚しそうになく、『なさぬ恋』では?大丈夫かな?と思われていた。


私が、『寿退社』し数年経った頃、結婚したとのニュースを後輩から聞いた。


共働きで、当時 流行していた言葉DINKSを実践していた。


DINKS』とは、Double Income No Kidsのことで、子供を持たずに共働きして、個々独立して自由に裕福な生活を楽しもうと言うもの。


会社近くにマンションを持ち通勤時間を短縮して暮らしていた。


しかし、やはり子供が欲しくなった様で、その治療もしていたそうだ。


数年後、めでたくご懐妊し高齢出産したものの早産で難産だったらしい。


産休を取り数カ月後、会社復帰したものも、彼女は高齢出産のため、助けてくれるお母様も既に亡くなっていた。


で・・・


夫婦二人での子育てになったようで、ご主人は公務員で、一緒に取り組んだ。


f:id:pintocare:20200703223559j:plain



しかし、やはり女性の方が、家事・子育ての比率が高く、彼女は忙しい毎日を送っていた。


私達が働いていた会社は、金融関係の大手で残業も多く、忙しかった。女性が多い割には、男社会の会社だった。


まだ、数カ月の赤ちゃんを朝8時頃から夜6時頃迄保育所に預け、仕事中にも保育所からのお呼びが・・・


当時は、時短もなく9時〜17時の勤務で、終業時間の17時になると、チャイムと共に、会社を後にした。


子供が病弱と言うこともあり、有給休暇もよく取った様だ。


そんなふうにして、仕事と子育てを両立させていた。


そんな時だった・・・・・


私は、会社の同期の人から、彼女の噂を聞いた。


それは・・・


「私、Wさん 嫌い!」との言葉。


「えっ!どうして?」って聞くと…。


「だって、あの人よく休んだり、残業もせず5時になったら、すぐ帰るのよ!」って


「なのに、正社員として、お給料いっぱいもらうのよ!」


「私なんか、他の人に迷惑かけるから、辞めて派遣で働いているのに……。それも、正社員の時と一緒の仕事」


さらに、彼女は続ける。


「みんな、そうやって正社員から、派遣に変えて働いているのに……。あの人は、まだ正社員よ!仕事は私達と一緒なのに」と……。


他からも、そんな様な声を聞いた。


女性が、子供を育てながら今まで通り正社員として働くと言うことは、とても大変で、皆は派遣とかパートに移行する様になる。


そして、女性が女性の社会進出を阻む。


女の敵は女


と深く思った出来事であった。


それから、時が流れ・・・


Wさんは、定年を迎えた。独身で迎えた人には管理職になった人もいたが……、彼女は、全く及ばなかった。


これは、昔の話である。


現在……。首相が『女性の活躍』を声高に掲げている。育休も時短も増えて来た。昔よりずーっと働き方改革で、変わった筈である。


娘が言う。「また時短の人が異動で来たの。ホント要らない!結局、私達若い社員がフォローしてるんだよ!」って


昔も今も、『女の敵は女』なんですネ〜。



働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

藤井聡太君、頑張れ!!

藤井聡太7段の快進撃が止まらない。


現在、王位戦に挑んでいる。持ち時間8時間で昨日からの熱戦は、もう終盤にかかっている。


f:id:pintocare:20200702101240j:plain



棋聖戦は、何とあの最強とも言われる渡辺明棋聖に王手をかけている。


また、竜王戦でも決勝トーナメントに進出したそうな・・・。


全くもって、スゴイ子が出てきたものだ。


我が郷土(愛知県)の英雄になっている。


『こんな子の母親だったらいいのになぁ〜。』なんて思ったりもするが……。


それはそれで、大変でしょうネ!


まず、家族が否が応でも注目され、行動が制約されるかも?まぁそれにより、『清く正しく美しく』なんて宝塚みたいな行動をするようになるかも?


ここまでは、嬉しい悲鳴で済むのだが……。


兄弟がいる場合は、ちょっと複雑では?どうしても、比べられてしまう。


親は、注目される子に一生懸命になりがちで、そうではない子には、手が回らなくなりがちである。


それにより、非行に走ったりする子も出てくる。


古くは、美空ひばりの兄弟が有名である。他にも、色々と有名人がいたが……。


と言うことは、『平凡が一番幸せ?』となるのだが……。


やっぱり、才能がある子には その才能を存分に発揮してもらいたい。欲しくても手に入らない物だから……。


我が家には、幸い?にも、無縁の事ではあるが……。




藤井聡太君、頑張れ!!応援しているヨ!!






久しぶりのスポーツジム・ヨガ!!

あ~、気持ち良い〜。


ふくらはぎが、固くなっていて伸ばすと、筋が「止めてくれ〜」って叫んでいるのが聞こえる。


股関節がガクガクと鳴っている。


何より背骨が、前後左右に揺らされ身体が柔らかくなっていく感じ。


久しぶりに、スポーツジムに行ってヨガをやって来ました!!


f:id:pintocare:20200701142653j:plain



コロナ騒動の始まった3月から昨日迄、『スティホーム』の自粛生活。ジムは、細々とやってはいたが……。


私は、自粛生活。


で……。


4ヶ月も、家でゴロゴロしていました。その間何をやってたかと言うと、ブログをソファに座りこんで書いてました。


久しぶりのジムには、知った顔もおり、マスク越しでの会話ながら、懐かしい〜。


レッスンには、整理券が必要になり人数も制限されるようになりました。


整理券をゲットし、レッスン迄の間、ウォーキングマシーンで歩こうかなと、ウォーキングマシーンに目をやると、一台おきしか使えない!


歩けるマシーンがない。仕方なくバイクに……。


少しの負荷を付けて、たった5分ぐらいしか漕いでいないのに、マスクのせいか口元が暑い!汗だくになってしまう。


そして、お待ちかねのヨガ!!


今日のヨガは、ソフトパワーヨガ』と言って、少々 キツイ。


f:id:pintocare:20200701142724j:plain



インストラクターと共に、ポーズをとる。それで冒頭の状態に……。


やっぱり、4ヶ月も休んだ代償は、身体のアチコチに影響を与えていました。


『ダウンドッグ』と言って、両手両足をマットにつけお尻を高くし三角形を作る基本のポーズさえ、両足の裏側(特にふくらはぎ)が固まっており、痛い!!


開脚の前屈も、毎晩 お風呂上がりにしているのに、固くて痛い。


でも、すっごく気持ち良い〜。


ヨガをすると、背とか手足が伸びたように感じます。


マスクをしたままのレッスンではあったが、あっと言う間に、45分のレッスンが終わり、新鮮な空気が身体の中を流れる?感覚です。


何か、10歳とは言わないが、5〜6歳若返った気分です!!